トップコミットメント

代表取締役社長 社長執行役員 CEO松本 功
代表取締役社長 社長執行役員 CEO松本 功

エレクトロニクスで
社会・環境問題を解決する
会社を目指す

代表取締役社長
社長執行役員 CEO

松本 功

経営戦略とサステナビリティ

ロームの目指す姿~創業時から連綿と受け継がれるロームのCSV~

ロームグループでは、社会的な課題を解決しつつ、企業価値も創造する「CSV(共通価値の創造)」を軸とし、エネルギー問題などの社会課題の解決に向けて、新商品の開発、生産、販売を行ってきました。また、この「CSV」の考え方は、ロームにとって決して新しいものではなく、以下の企業目的に掲げられているように、創業当初より、企業の礎として大切にしているものです。

【企業目的】
われわれは、つねに品質を第一とする。
いかなる困難があろうとも、良い商品を国の内外へ永続かつ大量に供給し、文化の進歩向上に貢献することを目的とする。
【経営基本方針】
社内一体となって、品質保証活動の徹底化を図り、適正な利潤を確保する。
世界をリードする商品をつくるために、あらゆる部門の固有技術を高め、もって企業の発展を期する。
健全かつ安定な生活を確保し、豊かな人間性と知性をみがき、もって社会に貢献する。
広く有能なる人財を求め、育成し、企業の恒久的な繁栄の礎とする。

創業から60余年、企業規模や経営環境は大きく変化していますが、CSVは根幹となる考えとして、ロームのDNAとなり、連綿と受け継がれています。
社員一人ひとりが「企業目的」「経営基本方針」を実践し、SDGsがCSVを生み出す源泉と捉え、社会課題の解決につながる革新的な商品開発や高品質なモノづくりといった活動を推進することが、ステークホルダーの皆様の満足度の向上につながり、広く社会に貢献することができると考えます。そして、そのことが、社員の自信と誇りを高め、新たな挑戦を生み出す原動力となり、企業と社会が共に成長できると考えています。

ロームの目指す姿 ~創業時から連綿と受け継がれるロームのCSV
ロームの目指す姿 ~創業時から連綿と受け継がれるロームのCSV

ロームが目指す未来に向け、さらなる高みへ

前述の通り、ロームでは1954年の創業時より不変の企業目的「われわれは、つねに品質を第一とする。いかなる困難があろうとも、良い商品を国の内外へ永続かつ大量に供給し、文化の進歩向上に貢献することを目的とする」に基づき、事業活動を行ってきました。何をもって文化の進歩向上に貢献するかという点に言及していないのは、未来永劫、電子部品をつくり続けるとは限らないという創業者の考えがあったためです。

今回、中期経営計画を立案するにあたって、「何をもって」なのか長期的視点に立ってはっきり打ち出す必要があると考え、まずステートメント“Electronics for the Future”を示し、さらには2030年に目指す姿を描きながら、いま私たちが抱いている思いをより具体的に経営ビジョンで表しました。それが「パワーとアナログにフォーカスし、お客様の“省エネ”・“小型化”に寄与することで、社会課題を解決する」というものです。

ロームの目指す姿 ~創業時から連綿と受け継がれるロームのCSV~
ロームの目指す姿 ~創業時から連綿と受け継がれるロームのCSV~
ステートメント:Electronics for the Future
経営ビジョン:パワーとアナログにフォーカスし、お客様の“省エネ”・“小型化”に寄与することで、社会課題を解決する

[ロームが目指す会社の姿]

・社会課題を解決する会社になる
「品質を第一とする。文化の進歩向上に貢献する」と掲げられた「企業目的」を礎に、開発・製造・販売が一体となり、市場およびお客様のニーズを先取りしながら、パワーとアナログの擦り合わせ技術を更に進化させ、お客様の商品の“省エネ”・“小型化”に寄与することで、社会課題を解決する会社になります。その実現に向け、いかなる困難があろうとも、創業時から培ったチャレンジ精神で、失敗を恐れず、世界一の技術や新しい仕事に果敢に挑戦し続けます。
・社員が、豊かな人間性と知性をみがき、活き活きと働ける会社になる
社会課題を解決する会社となるためには、多様な働き方へ積極的に対応し、広く有能な人財を求め、育成し、企業の発展への礎とします。社員一人ひとりが豊かな人間性と知性をみがき、やりがいを持ちながら、活き活きと働ける企業風土を目指します。

急激な市場の変化に対応し、中期経営計画を上方修正

ロームは2022年3月期から5カ年の「中期経営計画“MOVING FORWARD to 2025”」に取組んでいます(以下、中期経営計画)。この計画を策定した2020年は、コロナ禍で市場が不安定なこともあり、5年後の売上高4,700億円以上という目標を設定していましたが、2022年3月期の後半から半導体需要はきわめて旺盛となり、計画初年度には既に売上高4,500億円超を達成することとなりました。半導体市場の活況が今後も続くと予想されること、また開発を続けてきた省エネ・小型化デバイスが、カーボンニュートラルへのニーズの高まりに合わせて急激に採用が進んでいることから、2022年5月には中期経営計画最終年度となる2026年3月期の売上高目標を6,000億円以上へと上方修正しました。
目標を達成するためには、パワーとアナログの技術革新において、ロームは常に最先端を走らなければならないと考えており、中でも車載および産業機器市場向けの製品については、研究開発に最も多くのリソースを配分しています。さらに、それらの市場で必要とされる新しい技術の開発や、同じ技術でも異なる市場に適用するための開発にも戦略的な投資を行っていきます。
新たな目標の達成にはハードルもあります。例えば生産体制、とりわけ生産拠点の立地です。昨今、世界では経済安全保障の観点も重要視されてきており、ロームとしても今後の大きな経営課題の一つと認識しています。特にロームが注力するパワーとアナログ半導体は、垂直統合型の生産体制を強みとしており、生産拠点の立地戦略を今後どのように展開していくかは、早急に検討しなければならないと感じています。

中期経営計画と実現に必要なESG重要課題

ESGへの取組みを推進

中期経営計画には、ESGへの取組みも盛り込まれています。私たちが取り組むべき重要な社会課題の一つが環境課題の解決、カーボンニュートラルの実現だと認識しており、お客様が取り組むカーボンニュートラルに貢献する製品の提供にとどまらず、ローム自身も環境負荷低減を推進するために、2021年4月に「環境ビジョン2050」を策定しました。気候変動、資源循環、自然共生の3つを柱とし、具体的なKPIを設けて温室効果ガス排出削減や再生可能エネルギー導入、消費する資源および廃棄物量の削減、緑化の推進や化学物質管理の徹底などを推進しています。

社会への取組みとしては、ロームの基盤を支える人財とのかかわりを重視しています。グローバルメジャーを目指す上でも、ダイバーシティと人財育成がキーワードだと考えており、育成のための目標やKPIを設定し、さらに基盤を強化していきます。階層に応じたグローバル人財育成プログラムを実施したり、海外勤務の機会を組み込んだりすることで、国内外で活躍できる人財を育成し、人財がうまく循環する仕組みを作っていきたいと考えています。そのためには、グローバルでの活躍の機会を含むキャリアパスを提示してモチベーションを高め、挑戦すべきミッションを明確化することが必須です。

社員のモチベーションに影響する企業風土に関しても、社長方針として「チャレンジを促す企業風土への改革」を推進中です。ロームは従来、創業者の強いリーダーシップのもとでのスピーディな意思決定、取組みの実行が特徴的な会社でしたが、一方で、トップダウン統制、縦割り組織統制が強い事業運営により、その結果、社員が指示待ちに陥りがちになっていたように感じます。これからは、社員たちが本音で語り、互いに認め合い、何にでも主体的にチャレンジする風土を醸成したいと考えています。
私が2020年に社長に就いて最初に行ったことは、事業部体制に横ぐしを刺し、例えば製造方法や品質の考え方など、共通化すべきノウハウを集めた全社的な部門の設立でした。また、10年先やさらにその先の成果を目指し、現有の各事業部から切り離した体制で、CVC(Corporate Venture Capital)を活用した研究開発にも取り組んでいます。社員たちのチャレンジを促す企業風土を築いていく一方でスピード感も大切と考えており、引き続き最適な体制の組織を検討し続けていきます。

取締役会の多様性の向上を図り、コーポレートガバナンスを一層強化

2023年3月期から、取締役会の多様性向上のため、新たに2名の社外取締役を迎えました。一人はコンサルタントとして長くグローバルで活躍し、財務やM&Aなどに長けた米国人です。グローバルな視点での財務戦略やM&AとPMI(Post Merger Integration)などについての提言、財務部門との連携を期待しています。
もう一人は、海外半導体メーカー出身で、早くから企業倫理向上やダイバーシティ推進に取り組まれている女性です。サステナビリティ経営の専門家として、取締役会での提言のみならず、社員たちとも積極的にコミュニケーションしていただき、多様な社員が活躍できる土壌づくりをサポートしてほしいと期待しています。彼らが加わって独立社外取締役は過半数の計7名となり、社外取締役の体制が整ってきました。2020年3月期に監査等委員会設置会社に移行して2年余りが経過し、取締役会での議論のありようも変わってきたことを実感しています。投資にしてもコストダウンにしても、あるいは情報開示にしても、社外取締役から意見・アドバイスをもらうことが増えています。

「ONE ROHM」として経営ビジョンの実現を目指す

このように、収益を求める事業活動のみならず、ロームはESGをめぐるテーマの数々にも積極的に向き合い、行動を起こしています。ESGは事業活動と社会貢献を両立させるための基盤であると、私たちは考えています。これからも、企業は社会のために存在しているということを常に自覚し、カーボンニュートラルなど環境課題を中心に、さまざまな社会課題の解決に貢献できる企業であり続けます。そして50年後、100年後の未来においても、社会の皆様へ豊かな暮らしを提供できるような製品を送り出し、ステークホルダーの皆様から、信頼され信用される会社であり続けられるよう、歩みを進めてまいります。

代表取締役社長 社長執行役員 松本 功 直筆署名

代表取締役社長 社長執行役員 松本 功
代表取締役社長 社長執行役員 松本 功 直筆署名