福岡での活動

西日本豪雨への募金活動

  • 11 住み続けられるまちづくりを

ローム・アポロ(株)では、2018年7月11日から20日にかけて西日本豪雨への募金活動を実施し、募金活動を通して集まった147,568円を被災地へ寄付しました。

被災地の一日でも早い復興を願うと共に、引き続き被災地の支援活動に貢献できるように努めてまいります。

  • 西日本豪雨への募金活動
  • 西日本豪雨への募金活動

交通安全の立ち番を実施

  • 3 すべての人に健康と福祉を

ローム・アポロでは、地域の子どもたちが安全に通学できるよう、年に数回社員が始業前に工場周辺の通学路等で子どもたちの通学をサポートしています。

今後もこのような活動を積極的に行うことで地域の安全を見守り、地域の皆様が安心して暮らすことができる町づくりに協力してまいります。

  • 交通安全の立ち番を実施

地域の夏祭りに参加

  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

ローム・アポロ(株)行橋工場(通称:アポロ行橋)は、毎年行橋地域で開催されている夏祭り「こすもっぺ」に地元企業として参加しています。

「こすもっぺ」は、さまざまな露店が並ぶだけでなく神輿担ぎや市民総踊り、花火大会などで盛り上がる、地域で代表的なお祭りの一つです。

アポロ行橋の社員は来場者に飲料やお菓子を提供する「いまいちテント」や神輿を担いで歩く「おとなみこし」に参加し、地域の活性化に貢献すると共に、社員同士の交流も深めています。
参加した社員からは、「地元開催の一大イベントで神輿担ぎに参加し、組織の垣根を越えた社員の一体感を感じられた」「神輿パフォーマンス部門で優勝でき感動した」「会社で準備したテントでの特等席で打ち上げ花火を家族と一緒に楽しむことができた」などの声がありました。

ロームグループでは今後もこのような社員が楽しく参加できる活動を通じ、地域との良好な関係を築いてまいります。

  • 地域の夏祭りに参加

地域の小中学生とその家族を対象にした工場見学の受け入れ

  • 8 働きがいも 経済成長も

ローム・アポロ(株)広川本社工場(通称:アポロ広川)では、広川町教育委員会と共同して地域の小中学生とそのご家族を対象にした工場見学会を開催しています。
工場内部を見学いただいた後、見学内容を基にしたクイズやダイオードを使った実験を行っています。
参加者からは「スマホや自動車など私たちの身近なものの中に、アポロ広川の製品が使われていることを知り、感動した」という声をいただきました。

  • 地域の小中学生とその家族を対象にした工場見学の受け入れ
  • 地域の小中学生とその家族を対象にした工場見学の受け入れ

地域の子どもたちにノートを寄贈

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 11 住み続けられるまちづくりを

アポロ行橋では、近隣の小学校に方眼ノートを寄贈しています。

本活動は、社内の若手社員を中心として構成される「おもてなし専門部会」が企画したもので、地域の小学校への支援と共に、社員の社会貢献意識の醸成を目的としています。
寄贈先様からは、「アポロ行橋が毎年子どもたちのために社会貢献活動をしていることに感謝している」というご意見をいただきました。
今後もこのような活動を通じて地域を支援していきます。

  • 地域の子どもたちにノートを寄贈
  • 地域の子どもたちにノートを寄贈

赤い羽根共同募金等の寄付活動へ参加実施

  • 3 すべての人に健康と福祉を

ローム・アポロでは、社会福祉活動、地域貢献活動として赤い羽根や日本赤十字社、オイスカなどの各種団体への寄付を行っています。

当社からの寄付金は、各種団体の活動理念に基づき、高齢者障がい者福祉教育、地区福祉活動への支援、ボランティア活動の推進などに活用されています。

様々な支援活動に参画することで地域の皆様とのつながりを大切にして、笑顔と元気を与えられるよう『地域企業』として引き続き貢献していきます。

  • 赤い羽根共同募金等の寄付活動へ参加実施
  • 赤い羽根共同募金等の寄付活動へ参加実施