岡山での活動

「青少年のための科学の祭典2017」に参加

  • 4 質の高い教育をみんなに

2017年7月17日(海の日)、地域のイベントである「青少年のための科学の祭典2017」に参加しました。来場者は地域の親子約1300名、当社ブースで約300名に「LEDペットボトル風力発電機」の工作教室を開催しました。

本事業は18回目を迎えており、科学的なものの見方や考え方が難しいものではなく、日常生活の中に面白いものとして存在し、科学実験やモノづくりなどの不思議・驚き・成功体験を通して、子供の科学する心の眼を育てたいという趣旨のもと開催されています。

教室では子供たちに簡単にLEDの光るしくみ、特徴、用途等について説明した後、LEDが光るペットボトル風力発電機の工作を体験してもらいました。出来上がった作品にはいろんな色や絵を描き、扇風機でプロペラが回りLEDが光ると子供たちは目を輝かせて喜んでいました。

瀬戸内海岸の清掃活動

  • 14 海の豊かさを守ろう

2017年7月30日、ロームグループの岡山県にある生産拠点のローム・ワコー株式会社(以下ローム・ワコー)は毎年笠岡市が主催で実施されている海岸清掃活動「リフレッシュ瀬戸内 海岸クリーン作戦」に参加しました。

この活動は、カブトガニの繁殖地として国の天然記念物に指定されている岡山県笠岡市神島水道一帯で絶滅の危機に瀕しているカブトガニが成育する環境を維持することを目的に実施されており、ローム・ワコーでは10年前から本目的に賛同し、今回は社員とその家族の66名が参加しました。

本活動に参加した社員からは「環境保全活動に参加して、非常に有意義な時間を過ごすことができた。」などの声がありました。

ローム・ワコーでは今後も、このような地域一帯となった活動に積極的に参加し地球環境の保全とともに多様な生態系の保護に貢献していきます。

社員家族工場見学会を開催

  • 8 働きがいも 経済成長も

2017年12月2日、「社員家族工場見学会」を開催しました。この活動は当社の事業活動や、家族が働いている職場がどんな所なのか、また当社が社会に対してどのような貢献をしているか、工作や工場見学を通して知っていただく事を目的に開催しており今年で3回目となります。

工作では家族で簡単な太陽光発電ソーラーカーキットを作ってもらい、当社のエコ活動や、製品を紹介し、工場見学では各製造部の製品や、電子部品のもととなるウェハーのサンプルを間近で見てもらい、ものづくり工場を実感していただきました。

そして昼食をはさんだ、ビンゴゲーム大会では数字が読み上げられるたびにみなさん一喜一憂されていました。

中学生職場体験「いきいきチャレンジ」活動

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも 経済成長も

2017年11月14日から11月17日の4日間にわたり、笠岡市立笠岡東中学校2年生の男子生徒2名が職場体験に訪れました。当社では地域貢献の一環として、毎年地域の中学生を受入れています。

今回は管理部が受入部門となり、人事、経理、総務、購買のそれぞれの職場を体験してもらいました。本人たちからは、製造部門をサポートする「縁の下の力持ち」といった業務が主体となる管理部を少しでも感じてもらえたようです。

当社では、今後も毎年中学生職場体験の受入れを通して地域に貢献して参ります。

工場近隣清掃活動の実施

  • 11 住み続けられるまちづくりを

2017年5月25日各部門から14名が参加し、工場周辺の清掃活動を実施しました。

参加者は、第1工場、第2工場の周辺を2グループに分かれて、路上に落ちたゴミを中心に拾い集めました。特に幹線道路である国道2号線沿いには、車からのポイ捨てと思われるタバコの吸殻や空缶が多く、約1時間で大量のごみを回収することができました。

今後も継続して本活動を実施していきます。