フィリピンでの活動

CSR Award 2018

  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

ロームグループでは、事業活動を行っている世界各地でステークホルダーの皆様との対話を重視し、地域に根差したCSR活動を実施しています。

2018年2月19日、ロームグループのフィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc.(通称:REPI)がフィリピンのカデナ州カルモナ市政府よりCSR Award 2018を受賞しました。

この賞は、優れた社会貢献活動を実施した地元企業に贈られるもので、今回は9社が受賞しました。REPIは、地域への健康、教育および環境保護への貢献が評価され、良いパートナー企業であるとして表彰されました。

ロームグループでは、今後も地域に根差した貢献活動を実施していきます。

地域の小学生を対象にクイズ大会を開催

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

ロームグループでは、事業活動を行っている世界各地で地域に根差したさまざまな活動を実施しており、フィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc.(通称:REPI)でも、小学校などへ向けた多くの活動を、継続して実施しています。

2月24日、REPIは地域の9つの小学校から2名ずつ代表生徒をお招きし、学校対抗のクイズ大会を開催しました。環境や科学、社会問題に関するクイズやモノづくりを行うREPIの事業紹介を通じて、幅広い学びの分野に触れてもらいました。クイズに答える子どもたちの表情は笑顔に溢れており、とても楽しんでもらえました。

ロームグループでは、今後もこのような子どもたちへの教育活動を通じて、豊かな人間性と知性を備えた次世代の人材育成に貢献していきます。

クリスマス・ランタン・コンテスト

  • 8 働きがいも 経済成長も
  • 13 気候変動に具体的な対策を

ロームグループでは、事業活動を行っている世界各地で社会課題を意識したさまざまな活動を実施しています。

2017年12月、ロームグループのフィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc.(通称:REPI)はクリスマスランタン製作コンテストを開催しました。
この活動は、社員がリサイクルの重要性を学ぶことを目的に、各部署で出た廃棄物をランタンの材料として活かし、作品の美しさを競うもので、毎年実施しています。

今回は39の部署からランタンが出展され、製作に携わった社員からは「部署のみんなで一緒にランタンを作ることで、仲間意識が高まった」「自分たちの部署から出る廃棄材料を使うことによって、リサイクル資源の重要性について認識できた」との声がありました。
また、審査員からは「それぞれの部署が廃棄物を使って美しいランタンを作った事に驚いた」「ランタンはどれも綺麗で、これはREPIの社員達がクリエイティブで機知に富んでいるからだ」という声がありました。

ロームグループでは、今後もこのような活動を通じて、地球環境の保全に努め、環境問題を含む社会課題の解決に貢献していきます。

スポーツ教室の開催

  • 3 すべての人に健康と福祉を

先日、フィリピンの生産拠点で働くローム社員の子どもを対象に、スポーツ教室を開催しました。楽しんで運動してもらうことも目的ですが、チームワークの大切さやスポーツマンシップを学んで欲しいという想いもあり開催されました。

40人を越える参加者でバレーボールとバスケットボールを楽しみました。参加した現地の社員からは「自分の勤めている会社を子どもに見せることができる良い機会だった」、子どもたちからは「新しい友達ができて嬉しい」「また参加したい」という感想がありました。

子どもたちはスポーツを通じて、チームワークの大切さを学んでくれたでしょうか・・・?^^

ロームはこれからも国内外の工場や拠点で、CSR活動や社員に対するさまざまなイベント開催に取り組んで参ります。

マラウィ危機への支援活動

  • 16 平和と公正をすべての人に

CSR推進チームや社内の委員会メンバーが中心となり、マラウィ市で現在も続いている武力衝突により影響を受けている市民の方々へ向けた寄付活動を始めました。

およそ115万円相当の食料品(3898kgの米と19490個の缶詰、11694袋のインスタント麺)などの寄付品は2339名の社員から集めることができました。

これらの寄付品は社員の代表23名が参加した式典にてフィリピンレッドクロスへ手渡され、後に避難地域へと運ばれます。

デング熱予防のための教室を開催

  • 3 すべての人に健康と福祉を

雨季に流行るデング熱は、入院を余儀なくされたり、死に至る場合もある感染症です。

REPIはデング熱を媒介する蚊を排除するためデング熱予防のための教室を開催し、地域コミュニティや学校から100名以上の方に参加していただきました。
また、無料で教育教材や虫除けローションをお配りしました。