CSVへの取組み

本業による社会課題の解決

SDGs達成に向けてのロームの開発、技術戦略
~技術による世界への貢献~

ロームグループでは、世界共通目標である「SDGs」の達成に寄与すべく、社会的課題の解決に結び付く「CSV」を生み出すCSV活動に積極的に取組んで参りました。
製品を通じた社会への貢献として、省エネ、安全、快適、そして小型化をキーワードに革新的な製品を供給しております。近年では、技術革新が進む自動車市場のほか、IoT化が進む産業機器市場、そしてさらなる高機能化が進むIT機器市場など、幅広い分野に向けたキーデバイスを数多く提供、4つのCSV戦略をベースに社会課題の解決につながる製品を生み出しています。

【達成目標】

ロームは、2021年に始動した中期経営計画を達成する上で、重要な課題として「持続可能な技術の強化、革新的な製品の開発・供給」を挙げると共に、2025年度の達成目標を策定しました。

持続可能な技術の強化、革新的な製品の開発、供給
取組み背景・課題 「脱炭素」は全世界共通の達成しなければならない課題です。その課題達成に向けて、世界中で、電気自動車や再生エネルギーの活用など、環境負荷の大幅軽減に向けた技術革新が進んでいます。一方、自動運転などの技術が社会に広く浸透するに伴い、同時に安全性の確保も大きな課題となってきています。ロームの強みは「パワー」「アナログ」技術です。これらの技術を活用し、付加価値のある新たな技術・製品を開発・提供することで、地球環境の問題、そして安全な社会の実現に貢献してまいります。
テーマ
  • 省エネ製品の開発、市場への供給による貢献
  • 小型化製品の開発供給による貢献
  • 機能安全を追求した製品の開発供給による貢献
達成目標
(達成年度:2025年度)
売上を社会貢献の総量として、売上額4,700億円を達成する

CSV戦略① 省エネルギー化の追究

デバイス開発による大幅な省電力化の実現 ~世界一省エネルギーのデバイス開発、市場への投入~

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

社会的課題:人口増加に伴う、エネルギー消費量の増加が地球のバイオキャパシティを超える

企業の経営資源は、一般に「人、もの、金、情報」と言われていますが、この経営資源の土台となるのは、自然資本である地球環境にあります。持続可能な価値創造を生み出すためには、この自然資本の安定が不可欠ですが、私たちの経済活動により、現在は自然資本、環境の劣化が進み、それが巡り巡って経済活動の安定性を脅かしている状況です。2010年には69億人だった世界の人口は2030年には約85億人と急激に増加することが予測されています。そしてこの増加した人口が現在の先進国と同レベルのエネルギーを使用する場合、そのエネルギーを処理するキャパシティを確保するためには地球が3~5個も必要になるといわれています。そのことから人類の活動により生み出されるCO₂を抑制し、地球の負荷を軽減することは、持続可能な社会、企業となるために取組まなければならない社会的課題であると考えています。

ロームグループでは、使用エネルギーそのものを再生可能エネルギーに置き換え、CO₂の排出を抑制するのはもちろんのこと、半導体製造メーカーとして、市場に投入する製品そのもののさらなる省電力化に向けた技術開発を推進することが、エネルギー問題の解決につながると考えます。

社会的課題:人口増加に伴う、エネルギー消費量の増加が地球のバイオキャパシティを超える

ロームの取組み:省エネルギー化に貢献するアナログパワーデバイスの開発

全世界の電力消費量20兆kWhの内、実に半分が「モーター」に使われていると言われ、仮に全てのモーター効率が10%改善できると、世界の全原発の1/3を削減できる計算になります。さらに残りの電力消費の中でカギを握るのが「電源」です。様々な電子機器では、細かな電圧変換のたびに、5~20%のロスが生じており、この効率改善も大きな課題となっています。
これら「モーター」や「電源」の効率改善のためのデバイスとして重要な役割を担うのが、パワーデバイスや電源ICと呼ばれる半導体です。ロームは、SiCをはじめとする世界最先端のアナログパワーデバイスの提供を通じて、世界のエネルギー問題の解決に貢献してまいります。

パワーマネジメント/電源IC

パワーマネジメント/電源IC

モータドライバIC(モータコントローラIC)

モータドライバIC(モータコントローラIC)

大幅な省電力化を実現するSiCパワーデバイス

SiC(シリコンカーバイド)は、従来のSiに比べて損失が小さいうえに、高速動作と高温特性に優れており、劇的な省エネと小型軽量化への貢献が期待されています。ロームは2010年にSiC MOSFET、2012年にフルSiCパワーモジュール製品を世界で初めて量産開始するなど業界をリードする開発を進めてきました。現在、これらSiCパワーデバイス製品は、産業機器をはじめとし、自動車や民生機器などで採用され、その有効性を発揮し省エネルギー化、小型化に貢献しています。

今後も、世界最先端のSiCを中心とした特徴あるパワーデバイスと、そのデバイス性能を最大限に引き出すゲートドライバなどの制御ICや、モジュール技術も組み合わせたトータルソリューションの提案により、様々なモータやインバータの小型、高効率化に貢献していきます。

CSV戦略② 小型化の追求

デバイス開発による原材料使用量の削減 ~世界最小デバイスの開発、市場への投入~

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12 つくる責任 つかう責任

社会的課題:限りある「地下資源」

今の生活を維持そしてさらに発展していくために必要なテクノロジーやインフラは、電子部品を使った電気機器、機械などで支えられています。現段階では、そういった機器、機械、インフラは、天然地下資源を材料として作られており、そのそれぞれの地下資源の採掘可能年数に限りがあることは、今後の生活を脅かす非常に大きな問題となっています。

そういった中、企業として限りある資源を有効に活用することが求められています。廃棄物をリサイクル、再利用するのはもちろんのこと、半導体製造メーカーとして、使用する原材料を減らし、廃棄物そのものを削減する技術開発こそが、社会課題の解決につながると考えます。

社会的課題:限りある「地下資源」

ロームの取組み:世界最小デバイスの開発と市場への投入による原材料使用量の削減

多機能化が進むスマートフォンやウェアラブル機器など、モバイル機器の進化を支えるのが、超小型、薄型の電子部品です。ロームでは創業以来、独自の微細化技術を駆使し、部品の小型化において技術革新を進め、RASMID®シリーズやPICOLED®シリーズをはじめ、パッシブデバイスからディスクリートデバイス、IC、モジュールまで、幅広い製品で世界最小デバイスを提供してきました。
今後も、デバイスのさらなる小型・軽量化を通じて、材料、廃棄物の削減に貢献することで地球環境への負荷を最小限に抑制します。

ダイオード/抵抗器

ダイオード/抵抗器
※0.5mmのシャープペンシルの芯と比較
ショットキーバリアダイオード0603と0402のサイズ比較
ショットキーバリアダイオード0603と0402のサイズ比較
抵抗器0402と03015のサイズ比較
抵抗器0402と03015のサイズ比較

革新的技術による世界最小部品「RASMIDシリーズ」の展開

微細化技術を駆使し、従来と全く違う工法を用いて、驚異的な寸法精度(±10µm)を実現した世界最小部品「RASMIDシリーズ」。長年、0402サイズ(0.4×0.2mm)が電子部品としての微細化の限界と言われていましたが、2011年に世界最小のチップ抵抗器03015サイズ(0.3mm×0.15mm)の開発に成功。翌2012年には世界最小の半導体となる0402サイズのツェナーダイオードを開発し、2014年からそれぞれの量産出荷を開始しています。
今後は、デバイスの小型化を追求するのはもちろん、マウンター開発やテーピング技術、プリント基板技術など実装技術の開発も同時に進め、各種機器の小型化に貢献していきます。

RASMID®シリーズ 3つの特長
  • 新工法の採用により、超小型部品を実現
  • 驚異的な寸法精度±10µmを達成
  • 高信頼性構造

これら3つの特徴により、スマートフォンをはじめ、ウェアラブル機器など小型・薄型化が求められるあらゆる機器の高機能化、小型化に大きく貢献します。

ダイオードの小型化の歴史
ダイオードの小型化の歴史
抵抗器の小型化の歴史
抵抗器の小型化の歴史

CSV戦略③ 安心、安全の追求

製品による交通事故のない社会の実現への寄与 ~機能安全を追究した製品の開発、市場への投入~

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

社会的課題:世界的な高齢化社会の到来による交通事故の増加

世界の交通事故による死者は、年間約125万人(WHO13年調べ)となっていますが、日本では中でも高齢者による交通事故が増加しています。その背景には日本の高齢化による高齢ドライバーの増加にありますが、この高齢化は、世界で急速に進行しており、発展途上国と言われている国々でさえ2050年には人口の5分の1が60歳以上になると予測されています。

高齢ドライバーは今後増加の一途をたどりますが、交通事故防止、安全のために、高齢者の足ともなる車を生活から遠ざけるのではなく、高齢者でも安心して運転ができる車の社会への供給が求められていると考えます。
そういった背景から、交通事故を起こさない車を生み出す技術開発を推進することが、社会課題の解決につながると考えます。

社会的課題:世界的な高齢化社会の到来による交通事故の増加

ロームの取組み:品質第一の製品を安定的に供給することで、自動車の技術革新に寄与

ロームは、創業以来「品質第一」の企業目的のもと、開発から製造までを一貫してグループ内で行う「垂直統合」システムを採用し、あらゆる工程で高い品質を作りこみ、確実なトレーサビリティの実現やサプライチェーンの最適化で自動車市場に貢献してきました。
近年は、ADAS(自動運転)に代表される技術革新が加速し、自動車の安全性を担保するには、車載部品を構成する半導体レベルでの安全目標の達成が求められています。
こうした中、ロームは、2018年に半導体メーカーとしていち早く自動車向けの機能安全規格である「ISO 26262」の開発プロセス認証を取得しました。自動車における電子部品の役割がますます高まる中、今回の認証取得を機に、さらに安全な製品づくりに努めると共に、製品を通じて安心・安全で環境にやさしい自動車社会の創造に貢献してまいります。

トランジスタ

トランジスタ

交通事故のない安全・安心な社会に貢献するLCDパネルチップセットの提案

高精細の液晶ディスプレイを実現するために、ICのスペックや信頼性を高めることは当然ですが、半導体レベルでも万が一の故障に備えた対策も重要になります。その点、ロームの液晶パネル向け車載チップセットは、高精細液晶パネルを駆動するドライバICやタイミングコントローラ、それらを最適に動作させる電源ICなど、構成する各ICが情報を随時共有することで、液晶パネル向けデバイスとして世界で初めて機能安全に対応することに成功。故障時の異常を知らせる機能を備えているため、自動車が求める高い品質を実現し、不具合が大きな事故につながるスピードメーターやサイドミラーの液晶パネル化に貢献しています。

交通事故のない安全・安心な社会に貢献するLCDパネルチップセットの提案

CSV戦略④ 高品質と高効率の徹底追究

生産革新による地球環境負荷の軽減 ~世界一の工場を目指した生産革新~

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

社会的課題:CO₂排出による地球温暖化

1901年から2010年にかけ、地球の平均海面は19cm上昇しており、温室効果ガスなどの人為的要因で地球温暖化が進んだために起こっています。地球温暖化が進むと更なる気候変動がおこり、生態系が崩れ、食糧不足がおこり伝染病が蔓延すると予測されており、この事実は社会の根幹を揺るがし、経済活動のベースが損なわれることを意味しています。

そういった中、企業としてCO₂排出などによる気候変動、資源・エネルギー問題など地球規模の環境問題に対する解消・緩和と省エネルギー化が社会から求められています。生産革新を行い地球環境負荷を軽減する仕組み、生産技術を新たに構築することで、半導体製造メーカーとして、社会課題の解決に貢献していきたいと考えます。

社会的課題:CO₂排出による地球温暖化

ロームの取組み:世界一の工場を目指した生産革新

ロームグループでは、ISO14001環境マネジメントシステムを運用する工場での生産を通じて、地球環境への負荷(化学物質、廃棄物等)を最小限に抑制し、循環型経営を追求しています。
また、地球温暖化の防⽌に向けて、排出される温室効果ガスを削減するために、スマートファクトリー化や使用電力の再生エネルギーの使用など、地球環境負荷を軽減する仕組み・⽣産技術の構築を進めています。

  • 現在、パリ協定が⽬指す、「2℃⽬標」の達成に寄与するべく、科学的な根拠に基づいた削減⽬標を⽴て、 SBT(Science Based Targets)の認証取得に向けて取組んでいます。

世界一の工場を目指した「生産革新」

ロームグループでは、さらなる品質の向上と生産効率の改善に向け、国内外の生産拠点が、それぞれの現場に合わせた工場のスマートライン化を進めています。「人」「設備」「方法」「材料」生産現場の4つの「M」と言われる項目をすべて電子データ化。これまでの手書き記入による管理をペーパーレスなオンライン・データによる一元管理へと進化させました。
各工程における業務効率のアップと、「不良品を造れない」仕組みづくりを目指して、エンジニアや製造現場の声をひとつひとつ丹念に吸い上げながらシステムを最適化。現場や工場内の管理センターはもちろんのこと、ロームグループ全体でリアルタイムな情報共有が可能となりました。
品質の向上はもちろんのこと、コストや納期の管理、さらには、工程全体の効率化や業務改善にも威力を発揮しています。さらに、自社で保有する豊富なセンサ技術と無線通信を組み合わせた予知保全への取組みも始まっています。
製造設備の稼働状況や不具合をリアルタイムで監視し、装置の故障やストップを未然に防ぐ「マシンヘルス」システムです。自社デバイスを使用し、簡単に後付けできる利点を活かしながら既存の様々な設備に導入。製造会社ならではの知見を活かした生産ソリューションによる全工場のスマートファクトリー化でゼロディフェクトを目指し取組みを行っています。

再生可能エネルギーの導入

パリ協定で掲げられた2℃目標を達成するためには、これからの社会は「脱炭素」への転換が欠かせません。ロームでは、温室効果ガスの排出量削減、ひいては循環型経営を目指して、生産拠点における再生可能再生エネルギーの導入を進めています。
福岡県に拠点を構え、IC・トランジスタなど、ロームグループの主力製品のウェハ工程(※1)を手がけるローム・アポロ筑後工場では、生産活動における使用エネルギーの一部に再生可能エネルギー(以下、再エネ)を導入しています。2019年度に30,500MWh(11,500t-CO₂)の再エネ電力を導入し、2020年度においては60,000MWh(23,000t-CO₂)の導入を計画しています。これら2年間分の電力量の合計は、約20,810世帯分の年間電気消費量に相当します(※2)。また、静岡県に拠点を構えるローム浜松では、2018年3月より太陽光発電システムの発電を開始しました。発電量は233kWhとなり、ロームグループ内では最大規模のクリーン発電設備となります。主に事務厚生棟の空調や照明用の電力をまかなっており、年間でおよそ95,000kgのCO₂削減に貢献しています。
また、2021年に完成した同工場の新棟は、さまざまな省エネルギー技術を用いた生産設備を導入するとともに、使用する電力を100%再生可能エネルギーでまかなう環境配慮型の最新工場となりました。排熱を有効活用した高効率の空調設備や純水製造設備、LED照明の導入などで省エネルギー化に努めており、従来設備と比較してCO₂排出量を20%(約7,000t分)低減しております。
さらに、SiCウェハを製造するグループ会社のSiCrystal GmbH(ドイツ)の工場も、再生可能エネルギー使用率100%での稼働を予定しており、同工場での購入電力由来のCO₂排出量はゼロとなります。これにより、SiCウエハの主要な生産工程は、すべて再生可能エネルギーを利用した環境配慮型の生産体制となります。
世界的なエネルギー対策が急務となる中、ロームグループでは今後も、電気自動車や産業機器における省エネルギー化のキーデバイスとして期待されているSiCパワーデバイスの性能向上に努めるとともに、その生産工程においても環境に配慮した設備や再生可能エネルギーの導入を進めてまいります。そして、環境負荷の 軽減、ひいては脱炭素社会への実現に貢献してまいります。
ロームグループは、今後も、事業運営に必要なエネルギーにおいて再エネ電力の比率をさらに高めることで、より環境負荷の少ない製品をお客様に提供し、脱炭素社会への実現に貢献してまいります。

  • ※1.
    ウェハ工程:
    半導体製造においては、大きく前工程と後工程に分かれており、本工程は前工程に該当する(後工程は組立工程)。シリコンウェハ表面上にLSIやトランジスタなどを含む電子回路を高集積で形成する工程のこと。
  • ※2.
    筑後工場の再エネ電力の、世帯別の年間電気消費量への換算方法:
    91,500,000kWh(筑後工場再エネ導入電力量)÷ 4,397kWh(世帯あたりの電気の年間消費量(*))=20809.6世帯
  • 環境省「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査(平成26年10月~平成27年9月)」において、世帯あたり(戸建、集合含む)の電気の年間消費量を固有単位(kWh)に換算すると4,397kWh。
ローム浜松の太陽光発電システム
ローム浜松の太陽光発電システム
ローム・アポロ筑後工場新棟
ローム・アポロ筑後工場新棟