環境マネジメント

サステナブルな社会に向けての取組み

企業活動にはあらゆる経営資源が必要になりますが、自然資本もまた重要な資源の一つです。地球の生物多様性が生み出す恵みから様々な恩恵を受けていることを深く認識し、ロームグループは自然環境との調和を目指した企業活動を行う必要があると考えています。

自然環境との調和とは、すなわち自然の再生能力・浄化能力と経済活動のバランスが取れた状態のことを指し、この考え方にのっとった企業活動こそが、持続可能な社会の実現に向けての活動だということができます。
これからもロームグループは、環境配慮製品や生産活動における環境負荷の削減、資源の有効活用等の取組みを通して、地球環境の保全に取組んでまいります。

環境方針

われわれは、つねに地球環境保全に配慮し、人類の健康的な存続と企業の恒久的な繁栄に貢献するものとする。

  • 省エネルギーをすべての企業活動で創意工夫し徹底する。
  • 環境配慮型製品を開発し、製品のライフサイクルを通して環境負荷の最少化を追求する。
  • 材料・副資材の調達や製品の購入は、より環境負荷の少ないものを優先する。
  • 持続可能な社会の実現に向け、資源の有効活用を促進すると共に、汚染の予防と生物多様性の保全に配慮する。
  • 国内外の環境法規制や地域協定および、その他の同意したお客様等の要求事項を遵守する。
  • 生活環境や地球環境に配慮する社員の育成と関係者の啓発に努める。
  • 地域環境への貢献や環境情報の適切な開示により、社会との健全な連携を図る。
  • 環境パフォーマンス向上のため、環境目標、実施計画を立案、実行することで課題を継続的に改善する。

地球環境保全に向けたロームの取組み

ロームでは、環境方針を軸として、環境負荷削減、資源活用、環境規制物質の管理、環境配慮型製品の開発等に取組んでいます。
特に、地球温暖化防止については、自社の事業活動から排出されるCO₂やサプライチェーンから排出される温室効果ガスの削減を意欲的に進めています。
また、今後は生物多様性の観点からも長期的な目標設定や方針を定め、持続可能な社会を実現するための取組みを行っていきます。

地球環境保全に向けたロームの取組み