環境マネジメント推進体制

環境マネジメント

私たちは、グループ一体となって地球環境保全に取組むため、共通の方針・目標を掲げ、共通のマニュアルを基にマネジメントシステムを構築し、様々な課題を解決するべく継続的改善を進めています。

組織・推進体制

ロームグループ環境管理推進体制

ロームグループでは、環境の国際規格ISO14001 を基本としたロームグループ共通の環境マネジメントシステムをグループ全体に展開し、環境負荷削減のため継続的改善に全社員で取組んでいます。ISO14001の認証については、1998年5月にローム本社が取得したのを皮切りに、グループ各社も個別に認証取得を完了しましたが、ロームグループ各社が環境問題を個別に取り上げるのではなくグループ全体の問題として取り上げ、個別の取組みとグループ全体としての取組みを明確にし、効果的な環境活動と情報の一元化を図ることを目的として、2000年11月に国内グループ全体とROHM KOREAを合わせてISO14001統合認証を取得しました。

海外生産拠点においてもISO14001規格の自己宣言による環境マネジメントシステムを構築しています。日本国内と同等のマネジメントシステムを維持するために共通のマニュアルに沿って活動に取組み、ローム本社環境管理担当者が、自己宣言の妥当性を厳しく審査し、評価しています。

ロームグループ環境管理推進体制
  • ※海外拠点の正式名称は以下の通りです。
  • ・ROHM KOREA・・・ROHM KOREA Corporation
  • ・REPI・・・ROHM Electronics Philippines,Inc.
  • ・RIST・・・ROHM Integrated Systems(Thailand) Co.,Ltd.
  • ・RSC・・・ROHM Semiconductor(China) Co.,Ltd.
  • ・REDA・・・ROHM Electronics Dailian Co.,Ltd.
  • ・RWEM・・・ROHM-Wako Electronics(Malaysia) Sdn.Bhd.
  • ・RMPI・・・ROHM Mechatech Philippines,Inc.
  • ・RMT・・・ROHM Mechatech (Thailand) Co.,Ltd.
  • ・Kionix・・・Kionix,Inc.

この推進体制により、全ての環境に関する活動は、ロームグループ環境管理総括者の指示の下で実施され、その活動の成果をグループ各社に水平展開することにより、グループ一体となった環境保全活動を実現しています。

ローム環境管理推進体制

ローム本社の環境管理推進体制は、1990年に公害防止活動を主体とした体制からスタートし、その後地球環境も視野にいれた環境保全を活動理念とした推進体制を再構築しました。
この体制においては、ロームグループの環境活動に関わる重要な方針、政策を審議する「環境保全対策委員会」とそれを構築する5つの専門部会と2つのワーキンググループが重要な役割を果たしています。
専門部会はその分野の有識者や技術者及び関連する国家資格保有者から任命され、部会長は環境保全対策委員会の委員となります。委員会と専門部会、ワーキンググループは定期的に(1回/月)開催しており、グループ会社においても本社同様の推進体制を構築しております。

ローム環境管理推進体制
統括内部環境監査

グループ各社における環境管理システムの有効性や関連法の遵守状況を確認し、システムの継続的な改善や環境パフォーマンスの向上につなげるため、ローム本社監査チームが統括内部環境監査を1年に1度実施しています。

  • オープニングミーティングの様子
  • 監査の様子
  • 監査の様子
環境連絡会議

ロームグループでは各拠点の環境管理責任者および担当者が一同に会し、年度目標や実施計画を共有する環境連絡会議を2年に1度開催しています。本会議では、各拠点の進捗状況の確認やグループ全体の環境課題に関する検討を行います。

2019年度は、CO₂排出量および水の投入量の2020年見込みと2020年以降の予測やそれに対する削減策について議論しました。グループ全体で環境負荷を削減(環境パフォーマンスを向上)するための取組みを強化することを決定し、対応を進めています。

2019年度ロームグループ環境連絡会議