人権

事業活動の基盤

基本的な考え方

人権とは、世界中の全ての人が持っている、基本的な権利であり、自由であり、待遇のための基準です。基本的人権の尊重は、ロームグループの方針に根差しており、世界中でロームグループが行うありとあらゆる活動に適用されるものです。
ロームグループはグローバルに事業を展開する企業として、労働方針に、国連グローバルコンパクトの10原則を支持、国際労働機関(ILO)による「労働における基本原則および権利」の尊重、RBA(Responsible Business Alliance)の行動規範に準拠、各国・地域の法令を反映させ、守るべき規範として策定致しました。「人権の尊重、差別的な取り扱いの禁止」「雇用の自主性」「児童労働の禁止」「結社の自由」などを定め、社員一人ひとりの人間性と個性を尊重し、働きやすい職場環境を構築することを宣言し、活動しております。

推進体制

ロームでは、CSR推進委員会の下部組織として中央安全衛生委員会を組織し、その配下にディーセントワーク専門部会を設け、毎年計画を立案し、年度末には実効性を評価するマネジメントシステムを回すことで、基本的人権を守る土壌を構築しています。

サプライチェーンでの人権尊重

ロームグループでは、RBA(Responsible Business Alliance)の行動規範を尊重しています。また、サプライチェーン全体における人権尊重の啓発活動も行っています。

人権教育

ロームグループでは、各国・各地域の文化・宗教・慣習・制度などを尊重し、価値観の多様性を理解した上で行動するよう新入社員・キャリア入社者・部門長・役員などを対象にした階層別の人権研修を実施しています。
また集合研修に加えて、労働・倫理にまつわるeラーニングを実施しています。

児童労働・強制労働の禁止

ロームグループでは、労働方針の中で強制労働や児童労働を禁止しています。サプライチェーンにおいても、ロームグループCSR調達ガイドラインにおいて、強制労働・児童労働の禁止を定めており、すべてのお取引先様に人権への配慮をお願いしています。
2017年度には「英国現代奴隷法に関する声明」を発行し、より一層、強制労働・児童労働の禁止に対する取組みを強化していくことを明確にしました。

ハラスメントの防止

ロームでは、社員が抱える悩み・相談を聴く相談室を設け、「ハラスメントに関する相談」や「職場の人間関係に関する相談」などについて電話・メール・面談で受け付けています。また女性相談員の配置のほか、相談員のほとんどがキャリアコンサルタントの資格を有しており、専門家としてのアドバイスができる体制をしいております。