Index : ガイドライン対照表

GRIスタンダード

本WEBサイトは、GRIスタンダードの中核(Core)オプションに準拠して作成しています。

1. 共通スタンダード

  • 一般開示事項
  • マネジメント手法

2. 項目別スタンダード

経済
  • 経済パフォーマンス
  • 地域経済での存在感
  • 間接的な経済インパクト
  • 調達慣行
  • 腐敗防止
  • 反競争的行為
環境
  • 原材料
  • エネルギー
  • 生物多様性
  • 大気への排出
  • 排水および廃棄物
  • 環境コンプライアンス
  • サプライヤーの環境面のアセスメント
社会
  • 雇用
  • 労使関係
  • 労働安全衛生
  • 研修と教育
  • ダイバーシティと機会均等
  • 非差別
  • 結社の自由と団体交渉
  • 児童労働
  • 強制労働
  • 保安慣行
  • 先住民族の権利
  • 人権アセスメント
  • 地域コミュニティ
  • サプライヤーの社会面のアセスメント
  • 公共政策
  • 顧客の安全衛生
  • マーケティングとラベリング
  • 顧客プライバシー
  • 社会経済面のコンプライアンス

ISO26000

項目 原則 CSRウェブサイト
組織統治 1.組織統治 ロームのCSR
コーポレートガバナンス
コンプライアンス
人権 1.デューディリジェンス
2.人権に関する危機的状況
3.加担の回避
4.苦情解決
5.差別および社会的弱者
6.市民的及び政治的権利
7.経済的、社会的及び文化的権利
8.労働における基本的原則および権利
ロームのCSR
人財マネジメント
調達マネジメント
コンプライアンス
人権
労働慣行 1.雇用および雇用関係
2.労働条件および社会的措置
3.社会対話
4.労働における安全衛生
5.職場における人材育成及び訓練
ロームのCSR
人財マネジメント
環境 1.汚染の予防
2.持続可能な資源の活用
3.気候変動緩和及び適応
4.環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回避
CSVへの取組み
環境マネジメント
ロームグループの社会貢献活動
公正な事業慣行 1.汚職防止
2.責任ある政治的関与
3.公正な競争
4.バリューチェーンにおける社会的責任の推進
5.財産権の尊重
調達マネジメント
コーポレートガバナンス
コンプライアンス
消費者課題 1.公正なマーケティング、情報及び契約慣行
2.消費者の安全衛生の保護
3.持続可能な消費
4.消費者に対するサービス、支援並びに苦情及び紛争解決
5.消費者データ保護及びプライバシー
6.必要不可欠なサービスへのアクセス7.教育及び意識向上
調達マネジメント
コンプライアンス
情報セキュリティ
コミュニティへの参画及びコミュニティへの発展 1.コミュニティへの参画
2.教育及び文化
3.雇用創出及び技能開発
4.技術の開発及び技術へのアクセス
5.富及び所得の創出
6.健康
7.社会的投資
ロームグループの社会貢献活動

UNGC

ロームは、2011年5月に国連グローバルコンパクト(UNGC)に加盟しました。ロームグループの活動は、UNGCの10原則に対し、以下の通り対応しています。

項目 原則 CSRウェブサイト
人権 原則1: 人権擁護の支持と尊重
原則2: 人権侵害への非加担
ロームのCSR
人財マネジメント
調達マネジメント
リスクマネジメント
人権
ロームグループの社会貢献活動
労働 原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認
原則4: 強制労働の排除
原則5: 児童労働の実効的な廃止
原則6: 雇用と職業の差別撤廃
ロームのCSR
人財マネジメント
調達マネジメント
人権
環境 原則7: 環境問題の予防低アプローチ
原則8: 環境に対する責任のイニシアチブ
原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
CSVへの取組み
環境マネジメント
調達マネジメント
腐敗防止 原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み コンプライアンス