EcoVadis社の2019年サステナビリティ評価で最高ランクの「ゴールド」評価を獲得しました!

  • 2019-12-11
  • ガバナンス

ロームはフランスに本社を置く評価機関であるEcoVadis(エコバディス)社による2019年のサステナビリティ評価において、最高ランクの「ゴールド」評価を獲得しました。

EcoVadis社は企業のサステナビリティに関する国際的な評価機関で、世界155ヶ国、198業種にわたる企業のCSR活動を「環境」「労働と人権」、「倫理」、「持続可能な資源調達」の4つの分野で評価しています。

今回、ロームが獲得したゴールド評価は対象企業全体の上位5%に送られるもので、特に「環境」分野においては、上位1%に入る高い評価を獲得しました。

ロームは今後もCSR活動を通じて様々な社会課題の解決に取り組むことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献し、ステークホルダーの皆様の期待に応えられる企業を目指していきます。

一覧に戻る