ラピスセミコンダクタ宮崎が幼児を対象としたエコ教育のイベントを実施しました。

  • 2020-01-31
  • 社会

ロームグループのラピスセミコンダクタ宮崎株式会社では、12月23日に宮崎市清武町のしんまちこども園の3~5歳児 約50名にエコ教育のイベントを実施しました。
はじめての試みである今回は「ちきゅうをまもるために、みんなでできること!」をテーマに、環境破壊、温暖化などをわかりやすく説明し、途中クイズを交えながら園児たちに環境のことについて学んでもらいました。
当日は、クリスマスイブ前日ということもあり、サンタクロースも現れ、楽しい雰囲気のなかで、園児たちそれぞれが自分に何ができるか一生懸命に考えてくれました。
また、イベントの最後には、花の苗と「ちきゅうのためにできる10のこと」という絵本をプレゼントしました。
昨年は、地域ボランティア活動に参加してくれた子供にも環境問題の紙芝居を行い、好評をいただきました。これからも次世代を担う子ども達に、環境問題を身近に、楽しく学んでもらえるよう地域に根差した活動を継続してまいります。

一覧に戻る