第5回CSRサイト格付け「サステナビリティサイト・アワード2021」において、ゴールド(最優秀賞)企業に選定されました。

  • 2021-01-18
  • ガバナンス

ローム株式会社は、2021年1月12日に発表された国内全上場企業および非上場大手企業3,863社を対象としてCSR/サステナビリティ・ウェブコンテンツの情報充実度を格付けした「サステナビリティサイト・アワード2021」において、ゴールド(最優秀賞:5社)企業に選定されました。
ゴールド格付を得るためには、「各情報が具体的かつ網羅的に開示されサイト自体の完成度が極めて高い」「各ステークホルダーの情報ニーズを満たす開示が十分に行われている」「他の企業のサイトの模範となる品質である」という要件を満たすことが求められます。今回、ロームは開示情報の網羅性、統一感のあるサイト構成が大きく評価され、前年度のブロンズ格付から評価ランクが大きく向上しました。

*ロームグループのサステナビリティの取組みの詳細は、CSR webサイトに掲載しています。
https://csr.rohm.com/jp/ 


「サステナビリティサイト・アワード2021」とは
CSR・サステナビリティ領域の情報開示に関する調査およびアドバイザリーを行っている一般社団法人 CSRコミュニケーション協会によって主催され、マルチステークホルダーの情報ニーズに応えている総合的なサイトを、ゴールド(最優秀賞)・シルバー(優秀賞)・ブロンズ(優良賞)の3つクラスにて表彰するものです。今年度は、全体の上位約1%となる先進企業35社(ゴールド5社、シルバー15社、ブロンズ15社)が格付選定されました。

*サステナビリティサイト・アワード2021に関する詳細は下記URLにて公表されています。
http://csr-ca.net/1937


ロームグループでは今後もステークホルダーの皆さまと双方向のコミュニケーションを活発にしながら、良好な信頼関係を構築するとともに、企業価値の向上を図ってまいります。

一覧に戻る