ESG指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」構成銘柄に選定

  • 2022-04-07
  • 環境

ロームは、この度、FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの構成銘柄に採用されましたので、お知らせいたします。

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また、低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみが組み入れられています。

なお、本インデックスは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESGのパッシブ運用ベンチマークとして採用されています。

【確定】画像①.pnghttps://www.ftserussell.com/products/indices/blossom-japan

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)は、ここにローム株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されています。

ロームは、「ロームグループ環境ビジョン2050」および経営ビジョン「パワーとアナログにフォーカスし、お客様の"省エネ"・"小型化"に寄与することで、社会課題を解決する(達成年度:2030年度)」を実現するために、中期経営計画「MOVING FORWARD 2025」の中で気候変動への対応やダイバーシティの推進、コーポレートガバナンスの強化といったサステナビリティ重点課題と達成指標を掲げています。

今後も、事業活動を通じてこれらの取り組みを推進することで、社会課題の解決を図ると共に、ステークホルダーの皆様の期待に応えられる企業を目指してまいります。

一覧に戻る