ローム本社ならびに横浜の拠点でフードドライブを実施しました

  • 2022-09-21
  • 社会

ロームでは、食品ロスの削減や生活に困窮している方々への支援を目的に、定期的にフードドライブを実施し、食料品の寄付を行っています。
今年度は、7月にローム本社、8月に横浜テクノロジーセンターにて社内フードドライブを実施しました。

【ローム本社】
2022年7月26日(火)~7月28日(木)の3日間で社内フードドライブ活動を実施しました。当日は社員が呼びかけを行い、イベントの社内周知を積極的に行いました。期間中に社員から集まった、レトルト食品、缶詰、お菓子等コンテナボックス5箱分等の食料品、本社の備蓄食料品(570食分)をNPO法人フードバンク京都へ寄付しました。
集まった食品は、福祉施設や子ども食堂を通じて食の支援を必要とする子どもたちやひとり親家庭へ、また行政機関を通じて一時的に困窮しておられる方々に届けられます。

フードドライブ①.png

【横浜の拠点】
横浜の拠点では、ローム株式会社、ラピスセミコンダクタ株式会社、ラピステクノロジー株式会社の3社合同で、2022年8月22日(月)~26日(金)の5日間、社内フードドライブを実施しました。新型コロナ感染拡大の状況を踏まえ、今回は回収ブースを設置せずに実施いたしましたが、多くの社員が寄付を行い、結果レトルト食品や乾麺、缶詰等、ダンボール箱4箱分、計38.9kgの食品が集まりました。
今回の寄付品は、NPO法人フードバンク横浜により「『ひとり親支援会』で配給され、支援を必要とされる方々の生活の向上にお役立ていただけた」とのご連絡をいただきました。

フードドライブ②.png

ロームグループは、事業活動を通じて社会課題の解決を図るとともに、今後も社員に向けて社会課題に関する情報や取組みを定期的に発信し、企業市民として地域貢献につながる活動を積極的に推進してまいります。

一覧に戻る