お取引先様とのコミュニケーション

調達マネジメント

持続可能な調達を推進するには、お取引先様との信頼関係・協力関係が欠かせません。ロームグループでは、お取引先様との密なコミュニケーションを通して双方の関係強化を図っています。

CSR調達推進説明会

お取引先様にロームグループのCSR調達の考え方、活動内容および活動計画に対する理解を深めていただくため、直接説明する機会を設けています。

  • CSR調達推進説明会
    2013.6.6  99社ご出席
  • CSR調達推進説明会
    2015.12.9  102社ご出席

パートナーズミーティング

お取引先様にロームグループの決算状況や今後の事業戦略など、パートナーとして連携を深めていくための情報交換会を開催しています。

  • パートナーズミーティング
    2017.7.4  109社ご出席
  • パートナーズミーティング
    2018.7.10  78社ご出席

お取引先様の活動総合評価

ロームグループでは、お取引先様の製品品質・納期・価格協力・BCPの取り組み状況はもちろん、次項のCSR調達セルフアセスメントの結果も含めて、1年間の活動を総合的に評価し、お取引先様にフィードバックしております。

年度 評価社数
2014年度 245
2015年度 306
2016年度 245
2017年度 239
2018年度 235

CSR調達セルフアセスメント

お取引先様のCSR活動の達成状況を確認するため、毎年RBA行動規範に示す「労働」「安全衛生」「環境」「倫理」「マネジメントシステム」と「調達BCP」に関して自己評価をお願いしています。評価の依頼は海外も含めロームグループ生産会社のお取引先様を対象にしています。2018年度は国内外のお取引先様1,606社様全てに診断を依頼し回答を確認しました。

2020年度までに高評価(AおよびA-)の割合を80%にまで引き上げられるよう、引き続きお取引先様と連携しながらCSR活動を推進していきます。

年度 調査対象社数 評価A、A-の割合(5段階)
2014年度 1,953 66%
2015年度 1,766 69%
2016年度 1,676 76%
2017年度 1,390 76%
2018年度 1,606 76%
平均得点 ランク
4.50~5.00 A 
4.00~4.99 A-
3.00~3.99 B 
2.00~2.99 C 
   ~1.99 D 

※評価は、セルフアセスメントの各回答項目(5点満点)の平均得点により、表のとおり5段階に層別されます。

CSR調達監査

ロームグループでは、全社においての主要購買先 (次の階層の主要サプライヤ)を定め、お取引先様に直接訪問し、直接の対話を通じてロームグループの方針や考え方、および活動内容を伝え、ご理解と賛同をいただくことを目的に、セルフアセスメントの内容確認、工場確認、必要に応じて改善要請を実施するCSR調達監査を毎年グループ全体で40-50社に対し実施しています。 2018年度は45社に訪問し、ロームグループのCSR調達の普及・浸透を図っています。また例年全ての計画を完了しており、監査を実施した全てのお取引先様に改善を進めていただいています。

年度 訪問社数
2014年度 15
2015年度 28
2016年度 27
2017年度 14
2018年度 45

※対象:ロームグループ国内・海外生産会社のお取引先様

お取引先様向けコンプライアンスホットライン

ロームグループでは、お取引先様がお取引に関するコンプライアンス上の問題を相談・通報できる窓口として、「お取引先様向けコンプライアンスホットライン」を設置しております。
ロームやロームグループ各社とのお取引の中で「法律に違反するような言動」「倫理上問題になるような言動」等があった際にはご連絡いただくことをお伝えしています。正当な目的の通報である場合は、通報いただいたことを理由として、ご通報いただいた方への不利益な取扱いは一切行いません。