基本方針

調達マネジメント

基本的な考え方

高品質かつ安心・安定したモノづくりを可能にするには、調達における部材品質の確保や安定供給はもちろんのこと、労働倫理や環境に配慮したCSR調達への取組みは欠かせません。ロームグループは、お取引先様との継続した信頼関係・協力関係を大切にしながら、双方が持続的に成長できる調達活動を目指します。

調達方針

ロームグループでは、お客様に満足いただける製品を提供するために、次の5つの方針に基づき、調達活動を展開してまいります。

1. 相互信頼・相互繁栄
われわれは、お取引先様を事業活動の重要パートナーとして認識し、お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)の構築を目指しています。
2. 公平・対等な取引
われわれは、事業活動のために必要な材料、半製品、装置などの購入や業務の委託にあたり、お取引先様と公平かつ対等な立場で謙虚さを持ってお取引を行います。優越的な地位を濫用した不公平なお取引を強いるような行為は決して行いません。
3. 公正な選定
われわれは、グローバルに広く門戸を開放し、取引機会の均等を図ります。お取引先様の選定にあたっては、品質・技術・納期・価格に加え、それらの継続的改善を行う熱意・体制、更には倫理、人権尊重、危機管理、環境保護や労働安全衛生、反社会的勢力の排除等の社会的責任に対する取組みを総合的に勘案いたします。
4. 製品・サービスの付加価値の適切な評価と配分
われわれは、お取引先様との強いパートナーシップに基づき、新製品開発やコスト低減活動に取組みます。また、これら活動によってご提供いただく製品・サービスを適切に評価し、適正な価格での取引を推進していきます。
5. CSR調達
われわれは、CSR調達を推進するため「ロームグループCSR調達ガイドライン」に基づき、お取引先様の理解を深めながら、その浸透に努めます。同様に、「グリーン調達ガイドライン」に基づく地球環境に優しい調達を推進いたします。

お取引先様に求める基本姿勢

ロームグループは、RBA行動規範に準拠した誠実な調達活動を通して、健全かつ持続的な成長を目指しています。
RBA行動規範に準拠した活動は、自社のみで留まることはなく、事業プロセスに関わるサプライチェーン全体で取組むことが必須であり、お取引先様のご協力が不可欠となります。

お取引先様に求める基本姿勢

1. 法令・社会規範の遵守
「取引基本契約書」で要求しているRBA行動規範はもちろん、各種法令等の社会規範の遵守をお願いします。
2. 品質・納期・安定供給の実現
「取引基本契約書」や「品質保証契約書」などにて要求している品質・納期、それらを満足する製品の安定供給の実現をお願いします。
3. 需要変動に対する対応力の強化
目まぐるしく需要変動が起こる半導体部品業界において、ロームグループでは常にお客様の要求に機敏に対応していく事が求められています。お取引先様におかれても、常にこれらの需要変動に柔軟に対応できる体制の構築をお願いします。
4. サプライチェーンBCPの構築
災害発生時など不測の事態においては、お取引先様を含めたサプライチェーン全体で情報を共有し、供給継続に向けた対応が取れる体制構築のご協力をお願いします。
5. 製品開発に貢献できる技術力の強化
半導体部品業界は、技術革新のスピードが非常に速く、最先端の技術力の有無が企業競争力の源泉となります。お取引先様におかれても継続的に技術力向上に磨きをかけ、技術革新を推進いただくようお願いします。
6. 健全な事業経営の継続
継続的な取引を通じて、ロームグループとのパートナーシップを強化していただく為にお取引先様において 健全な事業経営を推進して下さい。また、ロームグループに対してもお取引先様の経営方針・経営状況(財務状況)の適正な開示をお願いします。
7. 環境に配慮した対応
ロームグループでは、「環境方針」を定め、地球環境の保全と環境マネジメントを積極的に推進しており、調達活動では「グリーン調達」を重視しております。お取引先様におかれても環境法規に則った環境へ配慮した製品を供給いただくようお願いします。
8. 情報セキュリティの遵守
ロームグループではお取引先様に対して、お取引に必要な情報を開示しますので、その過程で知り得た機密情報は、確実に管理・保護いただきますようお願いします。
9. 自らのお取引先様に対する責任
上記の「お取引先様に求める基本姿勢」を自らのお取引先様にお伝えいただき、サプライチェーン全体でCSR調達活動が推進できるよう、ご協力お願いします。

CSR調達推進姿勢

RBA行動規範に準拠したCSR調達活動を進めるためには、お取引先様との協力体制が不可欠です。ロームでは、お取引先様に対してタイムリーに方針や目指すべき目標をお伝えし、双方が共通認識を持ち、連携してCSR調達を推進できるよう以下の取組みを行っています。

・RBAに準拠した「取引基本契約書」の締結
ロームグループでは、国際規範である「RBA行動規範」を尊重しています。
ロームグループでは、お取引先様にもそのことをご理解いただくために、取引基本契約書に「RBA行動規範」を遵守する必要があることを明記し、お取引先様にCSR調達を推進していただくようお願いしています。
・人権への配慮
ロームグループでは、取引基本契約書に「非人道的、差別的取り扱いの禁止」や「強制労働、児童労働の禁止」などの人権尊重条項を規定し、お取引先様に対して人権への配慮をお願いしています。
・ロームグループCSR調達ガイドラインの発行
「RBA行動規範」に準拠し、ロームグループのCSR調達に対する考え方を示し、普及・浸透させるべき具体的な項目をまとめ、全てのお取引先様に配付しております。