基本方針

調達マネジメント

基本的な考え方

高品質かつ安心・安定したモノづくりを可能にするには、調達における部材品質の確保や安定供給はもちろんのこと、労働・倫理や環境に配慮したCSR調達への取組みは欠かせません。ロームグループは、お取引先様との継続した信頼関係・協力関係を大切にしながら、双方が持続的に成長できる調達活動を目指します。

調達方針

ロームグループでは、お客様に満足いただける製品を提供するために、次の5つの方針に基づき、調達活動を展開してまいります。

1. 相互信頼・相互繁栄
われわれは、お取引先様を事業活動の重要なパートナーとして認識し、お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)の構築を目指しています。
2. 公平・対等な取引
われわれは、事業活動のために必要な材料、半製品、装置などの購入や業務の委託にあたり、お取引先様と公平かつ対等な立場で謙虚さを持ってお取引を行います。優越的な地位を濫用した不公平なお取引を強いるような行為は決して行いません。
3. 公正な選定
われわれは、グローバルに広く門戸を開放し、取引機会の均等を図ります。お取引先様の選定にあたっては、品質・技術・納期・価格に加え、それらの継続的改善を行う熱意・体制、更には倫理、人権尊重、危機管理、環境保護や労働安全衛生、反社会的勢力の排除等の社会的責任に対する取組みを総合的に勘案いたします。
4. 製品・サービスの付加価値の適切な評価と配分
われわれは、お取引先様との強いパートナーシップに基づき、新製品開発やコスト低減活動に取組みます。また、これらの活動によってご提供いただく製品・サービスを適切に評価し、適正な価格での取引を推進していきます。
5. CSR調達
われわれは、CSR調達を推進するため「ロームグループCSR調達ガイドライン」に基づき、お取引先様の理解を深めながら、その浸透に努めます。同様に、「グリーン調達ガイドライン」に基づく地球環境に優しい調達を推進いたします。

お取引先様の選定基準

ロームグループは、健全かつ持続的な調達活動を目指すため、RBA行動規範を採用しています。よって、RBA行動規範を基としたCSR調達活動を進めるにあたっては、お取引先様との協力体制が不可欠です。

お取引先様を選定する際には、以下に示す品質、価格、納期、安定供給、環境、財務、人権、倫理など合理的な基準に基づいて判断しています。あわせて、ロームグループのCSR調達に対する考え方を具体的に示した「CSR調達ガイドライン」を、全てのお取引先様に配付し、ガイドラインに基づいた活動の推進をお願いしています。

お取引先様の選定基準

1. ロームグループCSR調達ガイドラインを推進すること。
2. RBAに準拠した「取引基本契約書」を締結すること。
3. 供給いただく資材・役務(サービス)の品質・価格・納期が適正であること。
4. 安定供給能力と需要変動への柔軟な対応力があること。
5. 災害発生時など不測の事態においても、供給継続計画を有していること。
6. 製品に貢献できる技術力を有していること。
7. 経営状態が健全であること。
8. 当社の要求する責任ある鉱物調達・グリーン調達に対して対応力があること。
9. ロームグループとのお取引を通じて知り得た機密情報を適切に管理・保護できること。

サプライチェーンの概要

ロームグループのサプライチェーンは以下の通りです。(2019年度時点)

地域別お取引先様比率
地域別調達額比率

重要お取引先様の特定

ロームグループでは事業継続の上で、特に重要なお取引先様を「重要お取引先様」と認識しています。

重要お取引先様の特定においては、全てのお取引先様の認定条件をクリアした主材料のお取引先様を対象としています。さらに、調達金額が上位で、かつ重要材料・部品および代替え困難材料・部品を扱うお取引先様を選定要件とし、その中でRBAの行動規範を採用することに合意いただいたお取引先様を重要お取引先様に特定しています。今年度は30社を選定しました。

重要お取引先様選定フロー

重要お取引先様選定フロー 重要お取引先様選定フロー

【全てのお取引先様への取組み】

お取引先様の選定にあたっては、環境、社会、ガバナンスに、品質、BCPのマネージメントシステムの構築支援、運用の評価により、継続的な改善を依頼・支援してまいります。

【重要お取引先様への取組み】

重要お取引先様に対しては、持続可能な取引を確実にするため、RBA行動規範の要求事項の遵守をお願いしています。具体的には、CSRセルフアセスメントでA、A-ランクの評価取得を目指していただくよう依頼します。その他にも、お取引先様にて実施いただいた自己評価のレビューやインタビュー、監査などを通じて、お取引先様の課題の把握・改善の支援を行います。また、その結果をマネジメントレビューを通じて経営層に報告し、事業継続リスクの管理を確実にしてまいります。