責任ある鉱物調達

調達マネジメント

責任ある鉱物調達

2010年7月に制定された米国金融規制改革法(ドット・フランク法)をきっかけに「責任ある鉱物調達」への関心が近年、ますます高まっております。特に、コンゴ民主共和国(DRC)およびその隣接国で採掘される鉱物(すず、タンタル、タングステン、金:通称3TG)が、深刻な人権侵害等を引き起こしている武装勢力の資金源となっていることが懸念されております。
2013年1月に施行された米国金融改革法第1502条では、米国の証券取引所に上場している企業に対して、DRCおよびその周辺地域で採掘され、武装勢力や反政府勢力の資金源となっているこれら鉱物の使用状況に関する調査・報告が義務づけられました。2021年にはEU紛争鉱物規則が施行され、今後、ますます責任ある鉱物調達の必要性・重要性が増すことが予想されます。新たな局面を迎えた今、ロームグループとして、人権侵害をはじめとするサプライチェーン上での重要なリスクに真摯に向き合うことを企業の社会的責任と捉え、リスクの管理・低減に向けて取組んでまいります。

1.方針

ロームグループでは、人権保護の観点から、対象地域において人権侵害を行っている武装勢力の資金源となっている鉱物を商品の原料として使用しない取組みを推進しています。
また、お取引先様に対しても、ロームグループの方針を理解し、遵守に向けた取組みを要請しています。

【ロームグループ遵守事項】

  • ロームグループは、武装勢力の資金源となっている紛争鉱物を使用しません。
  • RMIなどが認定した紛争フリー精錬業者から調達するように取組みます。
  • 万一、武装勢力の資金源となっている紛争鉱物の使用が判明した場合は、迅速に是正策を講じます。
  • ※RMI:
    Responsible Material Initiative

2.管理体制

サプライチェーンマネジメント本部が中心となって、各事業部やお取引先様と連携しながら責任ある鉱物調達に取組んでいます。また、責任ある鉱物調達の実現を目指し、業界団体JEITAのメンバーとしても活動しています。具体的にはCMRT調査を通じて、デューディリジェンスとリスクの特定を行い、状況を年度末に経営層へ報告しています。
また、毎年、社内規定に基づき、責任ある鉱物調達計画を策定し、月次で進捗状況を管理しています。

  • ※CMRT:
    Conflict Minerals Reporting Template

3.責任ある鉱物調達調査

お客様に安心してローム製品を使用していただけるよう、サプライチェーンマネジメント本部が中心となって「OECD デューディリジェンス・ガイダンス」に沿った以下の査定プロセスを実施しています。

  • ※OECD デューディリジェンス・ガイダンス:
    OECD Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from Conflict Affected and High Risk Areas

【鉱物調達調査のプロセス】

STEP1:管理システムの構築

  • CSRに関しての社内教育資料「CSRガイドブック」やホームページを活用し、ロームグループで定められている「責任ある鉱物調達方針」を社内外へ周知。
  • 社内規定に基づいて国内外の関連部門と連携し、自社製品に含有する対象鉱物の調査およびリスク査定を行う体制を整備。
  • お取引先様へロームグループの責任ある鉱物調達活動に対する賛同を求めると共に、お取引先様より同意書をご提出。
  • 社内規定に基づき、調査結果情報を適切に管理・保管。
  • 調査依頼時に、RMIで認証された精錬所の使用をお取引先様へ伝達。

STEP2:サプライチェーンにおけるリスクの特定と評価

  • 毎年購入している部材から調査が必要なものを抽出し、RMIが提供するCMRT・CRTを使用してお取引先様に対して調査を実施。調査では、3TG・コバルトの含有・原産国・精錬所、お取引先様から提出されたCMRT・CRTの内容確認(RMIデータとの照合等)を行う。
  • 精錬所については、最新のRMI認証精錬所リストとの照合により非認証精錬所を特定。

STEP3:特定されたリスクに対処するための戦略立案と実施

  • RMIの非認証精錬所が特定された場合は、お取引先様と協力し是正を要求。
  • お客様から懸念があると指摘を受けた精錬所は、指摘事項を確認し、リスクの内容をお取引先様へ連絡。適切な対応(精錬所の再精査など)についてお取引先様と協議。

STEP4:活動の年次報告

  • ホームページでデューディリジェンス状況を報告。

【3TG調査結果】

2020年度もロームグループが購入している部材を対象に調査を実施しました。回答内容については精査を行い、不備が見受けられたお取引先様には内容を確認し、調査回答の信頼性の向上を図りました。

  • 調査対象のお取引先様:203社
  • 調査回答入手のお取引先様:203社、入手率100%
  • 特定した精錬業者様:全鉱物で263社(その内、RMIのRMAP認証を取得している精錬所は222社)
2020年度調査結果
タンタル スズ タングステン 全体
全精錬所数 135 35 54 39 263
CFS認定精錬所数 105 35 46 36 222
CFS認証率 78% 100% 85% 92% 84%

現時点までの調査において、武装勢力の資金源となっている紛争鉱物の使用は確認されておりません。
今後、万が一ロームグループの製品において武装勢力の資金源となっている紛争鉱物の使用が判明した場合には、できる限り迅速に是正措置を講じていきます。

  • ※RMAP:
    Responsible Minerals Assurance Process

【コバルト調達】

コバルトは電気自動車、携帯電話、ノートパソコンに不可欠なリチウムイオン電池に使用されています。コバルトの世界最大の生産国はコンゴ民主共和国(DRC)であり、機械や人力により採掘されますが、近年では、安全でない労働環境や児童労働に対する懸念が浮上しています。
ロームのCSR調達ガイドラインでは、あらゆる強制労働や児童労働の禁止を含む労働方針・倫理方針を定めています。ロームはコバルトサプライチェーンの「透明性」を高めるために、コバルトの責任ある調達を推進します。毎年、RMIが提供するCRTを用いて調査を実施し、コバルトの含有、原産国の調査、精錬所の特定等の確認を進めております。

  • ※CRT:
    Cobalt Reporting Template

【コバルト調査結果】

  • 調査対象のお取引先様:4社
  • 調査回答入手のお取引先様:4社、入手率100%

4.2021年度目標

ロームグループは、「責任ある鉱物調達に関する法令・規制等に対応できる仕組みの構築」を2021年度目標に掲げました。

今後、サプライチェーンの透明性確保の義務化や、対象リスク(環境破壊、児童労働などの人権問題、ビジネスインテグリティなど)・鉱物の更なる拡大が予想されています。そのような中にあっても、責任ある鉱物調達を推進するためには、デューデリジェンスの強化、お取引先様への啓発・教育などの取組みと、これらを推進する体制の構築・設備が欠かせません。
また、責任ある鉱物調達の実現は、サプライチェーン全体で取組まずして成し得ることはできません。今後も、お取引先様との協力・信頼関係の下、引き続き鉱物調査を行うと共に、お取引先様の調達状況把握、情報共有など双方向のコミュニケーションに取組んでまいります。

5.業界団体との連携

ロームは、業界団体と連携、協力および責任ある鉱物調達の調査方法を確立するため、2012年に設置されたJEITA「責任ある鉱物調達検討会」に当初から参加しています。
毎年「責任ある鉱物調達検討会」が開催する責任ある鉱物調査説明会に参画し、業界のサプライチェーンに対して浸透を図っています。また、強まる国際要請に対応するため、RMAP(精錬所監査プロトコル)の認証を受けていない精錬所に対してRMAP受審の働きかけなど、業界活動を通じて責任ある調達活動を推進しています。

業界団体との連携