人財開発、育成

基本方針、考え方

私たちは、人材の育成を企業の恒久的な礎とし、あらゆる指導的立場にある者が、いかなるときも模範となる行動態度を自ら示し、常に部下の資質の向上や、人間としての成長を期して、職責を遂行するよう努めています。
また、広く有能なる人材を求め、豊かな人間性と知性をみがき、広い知識と洞察力、高い専門性と国際感覚を兼ねそなえた人材の育成に努めます。
ロームグループでは企業目的・方針の実践に向け、1. グレード別教育(各グレードに求められる知識やスキル、マインド等を身につけてもらうとともに、年代や役割の近い社員同士が、部門の垣根を越えて連携できるよう交流の場を設ける)、2. 組織長教育(組織長としての役割を遂行するために必要な知識とスキルを習得する)、3. キャリア教育(グレードや役割に関わらず個人のキャリアに焦点を当て、主体的な姿勢で自身のキャリアを考え、自己実現を果たせる行動力を養う)およびOJT・専門教育(各職場での実務を通した教育を行う)として以下の通り教育・研修体系を設けています。

教育・研修体系

社内研修制度

分類 主な研修・制度 内容
グレード別教育 新入社員研修 社会人としての基礎やビジネスマナーに加えてロームという会社の考え方、仕事に対する取り組み方等を見つけてもらう研修。
フォローアップ研修 入社して3年のうちに、先輩社員の指導のもと、個人の成長過程を一緒に確認しながら求められる人財へ近づくためのフォローアップを行う研修。
昇格者研修 各グレードに求められる知識・スキル・マインド等を身につけてもらう研修。企業目的・方針を通じて今後の役割期待を考え行動目標を設定する。
組織長教育 役割別研修 組織長としての役割を遂行するために最低限必要な知識とスキルを習得するとともに、部下との良質なコミュニケーションや組織の活性化を通じて成果達成の実現を図る研修。
アセスメント研修 組織を束ねるマネジメントに必要とされるスキルを数値化し、強み弱みを分析することで、自身のマネジメントスタイルを正しく認識し、今後の組織運営に活用する研修。
キャリア教育 メンターメンティ研修 新入社員の育成を通して、“人を育てる風土”を醸成し、長期的なキャリア形成を促す研修。
キャリアデザイン研修 グレードや役割に関わらず、個人のキャリアに焦点を当て、主体的な姿勢で自身のキャリアを考え自己実現を果たせる行動力を養う研修。
OJT・専門教育 海外トレーニー 若手社員のうちに多様な業務や、異文化対応を経験できる機会を設けることで、広く、グローバルな視野で自ら考え、チャレンジする人財を発掘・育成する制度。
ジョブローテーション 異なる文化や職務の経験を通じて、広い視野を持った人財を育成する制度。
メンターメンティ 新入社員の育成を通して、“人を育てる風土”を醸成し、長期的なキャリア形成を促す研修。

企業目的・経営基本方針浸透研修

ロームでは全ロームグループ社員が、企業目的・方針を「共通言語」として理解し、世界中どの国にいても、ロームグループ社員として全員が同じゴールを目指して活躍できるよう、世界中のローム社員向けに理念浸透教育を実施しています。受講者数は毎年増加しており、2017年度は1,825人でした。

自己啓発支援制度

項目 内容
Eラーニング・通信教育 社員の自己啓発を支援するため、所定の通信教育を修了した場合は受講料の半額を補助する制度(上限は設定)
語学留学制度 海外ビジネスに必要な語学力の習得を支援するため、フィリピンの語学学校へ1~4週間留学できる制度

社長賞・改善提案制度

ロームでは、企業目的・方針に基づき、会社に貢献した社員を表彰する制度として『ローム社長賞』を設けています。
この賞は、新技術や新商品の開発、生産性の向上、地域や社会への貢献など社員の1年間の活動を表彰するもので、社員のモチベーション向上に大きく寄与しています。また、グループ会社の社員も受賞しており、ロームグループ全体での一大イベントとなっています。