CSR調達

調達方針

ロームグループでは、お客様に満足いただける製品を提供するために、次の5つの方針に基づき、調達活動を展開して参ります。

1. 相互信頼・相互繁栄
われわれは、お取引先様を事業活動の重要パートナーとして認識し、お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)の構築を目指しています。
2. 公平・対等な取引
われわれは、事業活動のために必要な材料、半製品、装置等の購入や業務の委託にあたり、お取引先様と公平かつ対等な立場で謙虚さを持ってお取引を行います。優越的な地位を濫用した不公平なお取引を強いるような行為は決して行いません。
3. 公正な選定
われわれはグローバルに広く門戸を開放し、取引機会の均等を図ります。お取引先様の選定にあたっては、品質・技術・納期・価格に加え、それらの継続的改善を行う熱意・体制、更には倫理、人権尊重、危機管理、環境保護や労働安全衛生、反社会的勢力の排除等の社会的責任に対する取り組みを総合的に勘案いたします。
4. 製品・サービスの付加価値の適切な評価と配分
われわれは、お取引先様との強いパートナーシップに基づき、新製品開発やコスト低減活動に取り組みます。また、これら活動によってご提供いただく製品・サービスを適切に評価し、適正な価格での取引を推進していきます。
5. CSR調達
われわれは、CSR調達を推進するため「ロームグループCSR調達ガイドライン」に基づき、お取引先様の理解を深めながら、その浸透に努めます。同様に、「グリーン調達ガイドライン」に基づく地球環境に優しい調達を推進いたします。

ロームグループのCSR調達推進姿勢

ロームグループのCSR調達活動においては、それぞれのお取引先様の立場を十分理解し謙虚かつ柔軟な姿勢で「ロームグループCSR調達ガイドライン」の普及・浸透に努め、多くのご賛同を得られるよう推進しています。
お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)を目指します。

人権への配慮

ロームグループでは、国際規範である「RBA規範」を尊重しています。そこで、取引基本契約書に「非人道的、差別的取り扱いの禁止」や「強制労働、児童労働の禁止」などの人権尊重条項を規定し、締結を通じてお取引先様に人権への配慮をお願いしています。
また、「CSR調達推進説明会」の開催や「ロームグループCSR調達ガイドライン」の配布、「CSR調達監査」などを通じて、サプライチェーン全体における人権尊重の啓発活動も行っています。今後もグローバルにお取引先様と協働しながら、活動を継続していきます。

お取引先様向けコンプライアンスホットライン

ロームグループでは、お取引先様がお取引に関するコンプライアンス上の問題を相談・通報できる窓口として、「お取引先様向けコンプライアンスホットライン」を設置しております。
ロームやロームグループ各社とのお取引の中で「法律に違反するような言動」「倫理上問題になるような言動」等があった際にはご連絡いただくことをお伝えしています。正当な目的の通報である場合は、通報いただいたことを理由として、ご通報いただいた方への不利益な取扱いは一切行いません。

実績

ロームおよび中国・韓国・マレーシアの拠点では2011年から、フィリピン・タイの拠点では2012年から運用を開始しました。

CSR調達推進説明会

お取引先様にロームグループのCSR調達の考え方、活動内容および活動計画に対する理解を深めていただくため、直接説明する機会を持っています。

パートナーズミーティング

ロームグループのCSR調達ガイドライン

RBA行動規範に準拠しロームグループのCSR調達に対する考え方を示し、普及・浸透させるべき具体的な項目をまとめました。

CSR調達セルフアセスメント

お取引先様のCSR活動の達成状況を確認するため、毎年自己評価をお願いしています。評価の依頼は海外も含めロームグループ生産会社のお取引先様を対象にしています。2017年度は国内外お取引先様1,390社様すべてに診断を依頼し回答を頂戴しています。

CSR調達セルフアセスメント実施状況

調査対象社数 評価A、Bの割合(5段階)
2014年度 1,953 95%
2015年度 1,766 96%
2016年度 1,676 97%
2017年度 1,390 95%

CSR調達監査

ロームグループでは、全社においての主要購買先(次の階層の主要サプライヤ)を定め、お取引先様に直接訪問し、直接の対話を通じてロームグループの方針や考え方、および活動内容を伝えご理解と賛同をいただくことを目的に、セルフアセスメントの内容確認、工場確認、必要に応じて改善要請を実施するCSR調達監査を毎年グループ全体で25-30社に対し実施しています。

2014年度は15社、2015年度は28社、2016年度は27社、2017年度は24社に訪問し、ロームグループのCSR調達の普及・浸透を図っています。また例年すべての計画を完了しており、監査を実施したすべての企業様に改善を進めていただいています。

対象は、ローム本社およびロームグループ国内・海外生産会社のお取引先様

グリーン調達

ロームグループのグリーン調達の推進姿勢

ロームグループでは環境方針に掲げる、地球環境保全に配慮し人類の健康的な存続の重要性を認識した取り組みを最重要課題として推進してきました。
地球環境を破壊せず、持続的経済発展を達成するためには、環境負荷がより少ない、資源循環型に配慮した生産活動が必要となります。ロームグループでは、サプライチェーン全体でコンプライアンスへの取り組みを徹底すると共に、環境に配慮した部品・材料の調達を今後も進めて参ります。
化学物質管理に係る法規制が益々厳しさを増す中、ロームグループでは、グリーン調達を推進するために調達する部品・材料に含有する化学物質調査の精度向上を進めてきました。また、使用禁止物質が「入らない」管理システムの構築や、お取引先様での製品含有化学物質管理の徹底をお願いするためにグリーン調達ガイドラインを発行して適合状況を確認していただいています。
今後も管理体制の一層の強化とお取引先様との相互理解を深め、環境に配慮した調達に取り組んでいきます。