サステナビリティ重点課題

ロームのサステナビリティ

サステナビリティ重点課題の特定

【サステナビリティ重点課題再特定の背景】

ロームグループは、将来にわたって環境・社会課題を解決し、ステークホルダーから選ばれ続ける会社となることを目指して「パワーとアナログにフォーカスし、お客様の“省エネ”・“小型化”に寄与することで、社会課題を解決する」という経営ビジョンを2020年に掲げています。また、2021年4月には「ロームグループ 環境ビジョン2050」を定め、カーボンニュートラル、ゼロエミッションを宣言しています。
そして、この2021年5月には、「経営ビジョン」を達成するための戦略として、中期経営計画「MOVING FORWARD to 2025」を策定、合わせてサステナビリティ重点課題の再特定を行いました。あるべき姿、中期経営計画実現に必要なサステナビリティ課題の達成に向けて取組むことで、ロームと社会の持続可能な成長につなげてまいります。

【特定プロセス】

サステナビリティ重点課題と中期目標は、外部評価の結果やISO26000などの国際ガイドライン・規範、社内外のステークホルダーの皆様との対話からいただいたご要望を分析・検証し、策定した上で定めました。

STEP1:重点課題候補の抽出

  • 当社グループの企業理念や行動指針、ビジネスモデルを踏まえ、国際的なCSRガイドラインであるISO26000やGRIスタンダード、持続可能な開発目標(SDGs)、DJSI、MSCI、FTSE、Sustainalytics等のESG評価結果をベースに、重要課題の候補となる課題候補を抽出。

STEP2:ステークホルダー視点での評価

  • ロームグループの企業活動に関わりが深いステークホルダーにお客様、お取引先様、機関投資家、地域社会、従業員の5つのグループを選定。各検討課題候補について、ステークホルダーの視点からの重要性をアンケート調査を通じて確認し、結果を分析。
  • アンケート調査では、社内外約180名の方々からロームグループの重点課題評価に関する意見をいただきました。

STEP3:重点課題の特定と優先順位付け

  • ロームグループが取組むべき重要な課題の特定、優先順位付けを、社会の持続可能性への影響だけでなく、グループの企業価値向上の両視点から実施。「ステークホルダーからの期待」、「ロームグループにとっての重要性」の2つの側面から、各検討課題の重要度合いをマッピングして整理。
  • 当初重点課題候補として抽出された35項目(E:11項目、S:17項目、G:6項目)から、マッピングによって特に重要な課題10項目を特定。
重点課題の特定と優先順位付け
  • 持続可能な技術の強化、革新的な製品の開発、供給
  • 気候変動への対応
  • 資源の有効活用
  • 従業員エンゲージメントの強化
  • ダイバーシティ推進
  • 従業員の健康と安全の確保
  • コーポレートガバナンスの強化
  • リスクマネジメント
  • 持続可能なサプライチェーンマネジメント
  • 製品安全・品質の強化

STEP4:承認

  • 全取締役とそれに準ずる権限を持つ責任者から構成されるCSR委員会にて承認。

【特定されたサステナビリティ重点課題】

特定された「サステナビリティ重点課題」には、本業による社会的課題の解決(CSV)といった、機会につながる課題と、事業活動が社会に及ぼすネガティブなインパクトを把握し、ステークホルダーに与える負荷を軽減するといったリスク対応としての課題があり、それぞれに目標を設定しています。

サステナビリティ重点課題

サステナビリティ重点課題
該当するSDGs 目指す姿 具体的な目標
持続可能な技術の強化、革新的
な製品の開発、供給
3 すべての人に健康と福祉を
省電力化を実現する技術開発・供給を通じて、エネルギー問題の解決に貢献する 省エネ製品の開発、市場への供給による貢献
7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
デバイスの小型化を通じて、材料、廃棄物の削減に貢献することで地球環境負荷を最小限に抑制する 小型化製品の開発供給による貢献
12 つくる責任 つかう責任
交通事故を起こさない車を生み出す技術開発を推進する 機能安全を追求した製品の開発供給による貢献
気候変動への対応
7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
低炭素・循環型・自然共生社会の実現に貢献できる製品・サービスを開発・普及する GHG排出量削減
13 気候変動に具体的な対策を
エネルギー消費量削減
15 陸の豊かさも守ろう
再生可能エネルギーの導入促進
資源の有効活用
3 すべての人に健康と福祉を
循環型経営につながる事業基盤を構築する 水資源の削減
6 安全な水とトイレを世界中に
廃棄物量の削減
12 つくる責任 つかう責任
 
従業員エンゲージメントの強化
8 働きがいも 経済成長も
ロームで働く社員が、失敗を恐れず社会・企業の成長のために挑戦できる職場環境を実現する チャレンジを生み出す風土の醸成
働きがいの向上
従業員エンゲージメントスコアの改善
ダイバーシティ推進
5 ジェンダー平等を実現しよう
広い視野で主体的に物事を考え、新たな価値を創造できる人財を増やす 女性活躍の推進
8 働きがいも 経済成長も
グローバルレベルでの能力開発と人財配置
10 人や国の不平等をなくそう
 
従業員の健康と安全の確保
3 すべての人に健康と福祉を
社員が安全に、かつ心身ともに健康に働くことができる職場環境を実現する 安全な職場の確保
8 働きがいも 経済成長も
健康経営の推進
コーポレートガバナンスの強化
16 平和と公正をすべての人に
企業価値向上に向けた強固な経営基盤を構築する 経営者の多様性の確保
17 パートナーシップで目標を達成しよう
中長期的企業価値向上に向けた報酬制度の見直し
  経営の実効性の担保
リスクマネジメント
11 住み続けられるまちづくりを
社員と家族の安全確保・事業継続のために、将来予想される危機に対して有効に機能するシステムを構築する BCM管理体制の強化
16 平和と公正をすべての人に
持続可能な
サプライチェーンマネジメント
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
パートナー企業と共に、未曽有の事態にも対応でき、かつ高品質な商品を社会に提供するサプライチェーンを構築する コミュニケーション
12 つくる責任 つかう責任
BCM体制の強化
17 パートナーシップで目標を達成しよう
グリーン調達の推進
  CSR調達活動の推進
製品安全・品質の強化
12 つくる責任 つかう責任
顧客のニーズに応える製品品質を確保し、お客様に選ばれる商品・サービスを生み出す フロントローディングによる品質保証の体制構築と定着
顧客視点を取り入れた適正品質の実現

【サステナビリティ重点課題と達成目標】

  • 重点課題と達成目標は2021年に策定されました。
持続可能な技術の強化、革新的な製品の開発、供給
取組み背景・課題 「脱炭素」は全世界共通の達成しなければならない課題です。その課題達成に向けて、世界中で、電気自動車や再生エネルギーの活用など、環境負荷の大幅軽減に向けた技術革新が進んでいます。一方、自動運転などの技術が社会に広く浸透するに伴い、同時に安全性の確保も大きな課題となってきています。ロームの強みは「パワー」「アナログ」技術です。これらの技術を活用し、付加価値のある新たな技術・製品を開発・提供することで、地球環境の問題、そして安全な社会の実現に貢献してまいります。
テーマ
  • 省エネ製品の開発、市場への供給による貢献
  • 小型化製品の開発供給による貢献
  • 機能安全を追求した製品の開発供給による貢献
達成目標
(達成年度:2025年度)
売上を社会貢献の総量として、売上額4,700億円を達成する
関連する
これまでの取組み
気候変動への対応
取組み背景・課題 気候変動に対する危機意識は、パリ協定の制定など、グローバル規模で高まりを見せています。またこの事を、決して他人事ではなく、私たちの事業活動そのものを脅かす課題であると強く認識し、この度「ロームグループ環境ビジョン2050」を策定しております。
地球環境をより良い状態で次世代へ引き継ぐために、ロームグループでは製品を通じての課題解決はもちろん、事業活動全体での省エネルギー化の推進、再生エネルギーの導入を図り、脱炭素社会実現に貢献してまいります。
テーマ
  • GHG排出量削減
  • エネルギー消費量削減
  • 再生可能エネルギーの導入促進
達成目標
(達成年度:2030年度)
  • 2030年にGHGを2018年度比50.5%削減する
  • 排出量原単位を2030年に、2018年度比45%削減する
  • 2050年に導入比率100%を目指し、再生可能エネルギー化を推進する
関連する
これまでの取組み
資源の有効活用
取組み背景・課題 地球上の限りある資源を枯渇させず、将来に向けて持続可能な社会を創造していくためには、最小の資源やエネルギーで最大の効果を生み出すことのできる「循環型社会」の実現が求められます。ロームグループにおいては、地球環境負荷を軽減する仕組み、生産技術を新たに構築することで、地球環境への負荷を最小限に抑制する、循環型経営を追求して参ります。
テーマ
  • 水資源の削減
  • 廃棄物量の削減
達成目標
(達成年度:2030年度)
  • 水の回収・再利用率を5.5%向上する
  • 国内海外連結で再資源化率ゼロエミッションを目指す
関連する
これまでの取組み
従業員エンゲージメントの強化
取組み背景・課題 経営ビジョンに掲げた社会課題を解決する会社になるためには、ロームグループの社員一人ひとりが活き活きと働くことができる会社でなくてはなりません。そのためには様々なライフスタイル・ライフステージに身を置く社員一人ひとりが、働きやすく、成果を上げることができる環境を整えることが重要です。ロームグループは社員とのエンゲージメントの強化を通じて、あらゆる職場で失敗を恐れず果敢に挑戦し続ける企業風土の醸成と、挑戦を促す職場環境の整備に取組んでまいります。
テーマ
  • チャレンジを生み出す風土の醸成
  • 働きがいの向上
  • 従業員エンゲージメントスコアの改善
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • ➀世界で通用する次世代リーダー、プロフェッショナル人財を育成する制度を確立する
  • ➁新常態において、従業員の志向やライフスタイルに適応した選択型サービスを提供する
  • ➁各部門における求人に関する職務記述を明文化する
  • ➁人事基幹システム内で、社員の能力・期待・経験・資格等をデータ化し、適正な採用・配置に活用する仕組みを構築する
  • ➂ワールドワイドでのエンゲージメントサーベイを導入し、スコアを毎年改善、業界平均以上を目指す
関連する
これまでの取組み
ダイバーシティの推進
取組み背景・課題 世界各地に生産・販売拠点を有するロームグループでは、様々な国籍、また多様なバックグラウンドを持つ社員が集まっています。これらの多様な人財が個性・能力を発揮し、「ONE ROHM」としてチームワークを発揮することで、イノベーションが創出され、社会課題の解決につながる商品の提供が可能となります。また、そのためには、性別や国籍等にとらわれず、主体的に物事を考え、広い視野に立って異なる文化や思想・考えを受け入れ、新たな価値をも創造できるグローバルマインドを持った社員の人財開発が不可欠です。この考え方から、ロームグループはダイバーシティ推進を重要な経営課題と特定しました。誰もが自身の能力を最大限発揮できるよう、施策を講じてまいります。
テーマ
  • 女性活躍の推進
  • グローバルレベルでの能力開発と人財配置
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • ➀2025年にロームグループ全体の女性管理職比率を15%にし、2030年には20%を目指す
  • ➁ロームグループ全体での人財開発体系を確立する
  • ➁混在する人事システムを統合し、グローバルシステムとしてグループ内に展開する
  • ➁評価・報酬・昇進昇格・配置における戦略的データを蓄積する
関連する
これまでの取組み
従業員の健康と安全の確保
取組み背景・課題 労働現場における災害の発生は、従業員の生命を脅かし、また事業継続性にも影響を及ぼすおそれがあります。このため、ロームグループは、全ての社員、また業務に携わるステークホルダーが安全に働くことができる職場を実現することが、社員の命や人権を守る上で重要だと捉えています。さらに、社員一人ひとりがやりがいを持ち、自身の能力を最大限に発揮するためには、社員が心身ともに健康である必要があります。これらの考え方から、ロームグループは、安心・安全で衛生的な職場の確保を重要な経営課題だと認識し、快適で安心して働ける職場環境づくりと、心身の健康の保持・増進に積極的に取組んでまいります。
テーマ
  • 安全な職場の確保
  • 健康経営の推進
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • ➀ロームグループでの休業災害件数「0」を達成・維持する
  • ➁グループレベルでの未知なる感染症への防疫体制を確立・維持する
  • ➁ローム単体の運動習慣比率を全国平均値以上に向上・維持する
  • ➁運動習慣定着に向けた取組みをグループレベルで行う
関連する
これまでの取組み
コーポレートガバナンスの強化
取組み背景・課題 企業活動全体が社会のルールを守り、多様なステークホルダーの期待に応えるには、経営の透明性を確保しつつ、競争力の強化を目指したコーポレート・ガバナンスの充実が必要です。そのためには、取締役会等の役割・責務を明確にし、迅速な意思決定を行うと共に、独立・客観的な立場による社外取締役を活用することで、経営の執行と監督の分離を進め、取締役会による監視・監督機能を強化することが欠かせません。ロームグループは、コーポレートガバナンスの強化を図り、持続的な成長と企業価値・株主価値の向上を目指してまいります。
テーマ
  • 取締役会の多様性の確保
  • 中長期的企業価値向上に向けた報酬制度の見直し
  • 経営の実効性の担保
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • ➀女性または外国人役員比率を10%にする
  • ➁独立社外取締役の人数を、過半数に引き上げる
  • ➁中期経営計画(財務・非財務目標)に連動した報酬制度を導入
  • ➂外部機関による評価を3年に1回実施する
関連する
これまでの取組み
リスクマネジメント
取組み背景・課題 経済のグローバル化や社会の変化と共に、企業を取り巻くリスクが多様化する中、事業に関する社内外の様々な不確実性を適切に管理することは、経営戦略や事業目的を遂行していく上で欠かせません。大規模な自然災害や事故、感染症等の流行等で被害を受けたとしても、重要業務が中断されないこと、また万が一中断しても可能な限り短い期間で復旧・再稼働することは、企業としての重要な責任です。ロームグループは、「リスクマネジメント」を事業基盤の重要な経営課題と位置づけ、業務および業績に支障をきたすおそれのある事象を「リスク」として捉え、その発生を最小限に止めるとともに、事象が発生した場合でも円滑に事業継続・復旧を行うための対策に取組みます。
テーマ BCM管理体制の強化
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • 継続的なリスクの洗い出しを通じてBCP体制を強化を図る
関連する
これまでの取組み
以下4点を重点項目として実施
  • 組織環境の分析、重要リスクの特定・分析・評価・対策、PDCAサイクルを回す
  • 自然災害(地震・風水害・噴火)、新興感染症、地政学的リスク(米中摩擦など)への継続的な対応
  • 生産復旧計画の策定、BCP在庫設計・運用、生産地の多拠点化、リスク低減活動を実施
  • パンデミック・自然災害等における安全・安心のガイドラインを策定
持続可能なサプライチェーンマネジメント
取組み背景・課題 社会のニーズに応えられる高品質な商品を安定的に世の中に送り出すには、強固な調達体制の確立と、重要なパートナーであるお取引先様との強いパートナーシップの構築が欠かせません。
また、昨今事業継続リスクの脅威となっている自然災害や感染症に備え、高品質な商品を社会に提供するためには、お取引先様と共に品質、安全・環境・人権・BCMの点から、ロームグループを取り巻く全てのサプライヤーを総合的にマネジメントできる体制を構築し、サプライチェーン全体での経営品質を向上させることが不可欠です。
お取引先様と共に、「相互信頼・相互繁栄」の概念のもと、高品質な商品を社会に提供するため、社会からの期待に応える調達体制の確立、そして健全なサプライチェーンの構築に取組みます。
テーマ
  • コミュニケーション
  • BCM体制の強化
  • グリーン調達の推進
  • CSR調達活動の推進
達成目標
(達成年度:2025年度)
  • ➀重要サプライヤーの購買先活動総合評価実施比率100%
  • ➀重要サプライヤーのCSRセルフアセスメント実施比率100%
  • ➁購買先活動総合評価実施済みのサプライヤーからの購入比率90%以上
  • ➁Tier1サプライヤーの生産拠点調査100%
  • ➁重要サプライヤーの有事対応における事前合意率100%
  • ➂環境管理体制自己評価合格率100%
  • ➃CSRセルフアセスメント結果B以上のサプライヤーからの購入比率90%以上
関連する
これまでの取組み
製品安全・品質の強化
取組み背景・課題 「われわれは、つねに品質を第一とする。」という基本理念は、ロームのものづくりの基本となっています。「品質」とはお客様の満足度を表わすものであり、ロームグループでは、新製品の開発、生産システムの開発、原材料の購入、そして全ての製造プロセスにおいて細心の注意が払われ、かつ、営業をはじめ管理部門に至るまでの全てのスタッフが「品質第一」という企業目的を守り抜くため、日々努力しています。この基本の考えを踏まえ、ロームグループは製品安全はもちろんのこと、顧客満足度の向上を目指した取組みを行ってまいります。
テーマ
  • ➀フロントローディングによる品質保証の体制構築と定着
  • ➁顧客視点を取り入れた適正品質の実現
達成目標
(達成年度:2025年度)
品質満足度スコア+10%改善(2020年度比)
関連する
これまでの取組み

ステークホルダーとのコミュニケーション

ロームグループの主なステークホルダーは、当社のグループが製品・サービスを提供しているお客様と、当社グループの事業に直接的に影響を与える株主・投資家の皆様、社員、お取引先様、当社グループの事業展開が影響を及ぼす社会・地域の皆様です。

ステークホルダー 主な責任 主な対話の方法・機会
お客様 製品の品質確保 ウェブサイトでのお問い合わせ窓口
適切な製品情報の開示 展示会
お客様満足度の向上 製品説明
お客様の顕在的・滞在的な要望の実現 顧客満足度調査
お客様訪問による情報交換
お取引先様 透明で公正な取引の徹底 CSR調達推進説明会
グローバルサプライチェーンにおける人権、労働安全衛生環境への配慮 CSR調達監査
CSR調達セルフアセスメント(CSRアンケート)
お取引先様用ホットライン
社員 労働安全衛生の確保 イントラネット
人権の尊重と差別の排除 社内報
人財の育成と活用 従業員意識調査
ダイバーシティ(多様性の尊重) 内部通報システム(コンプライアンスホットライン)
労働組合との協議
株主・投資家の皆様 適正/公正な利益還元 株主総会
株主議決権の尊重 社長、各取締役による決算説明会
財務情報の適切/公正な開示 海外投資家訪問
グローバルなIR活動の推進 証券会社主催の機関投資家向けカンファレンス、技術セミナー
個人投資家向け会社説明会
アニュアルレポート
IRウェブサイト
社会・地域の皆様 事業を活かした社会貢献活動 社会貢献活動
CDPなどのNPOへの対応 アンケート調査への回答
それぞれの地域の課題に応える活動の展開 出張授業
工場見学の受け入れ
音楽支援

お客様との対話

お客様との対話
展示会など

株主・投資家の皆様との対話

株主・投資家の皆様との対話
決算説明会など

社員との対話

社員との対話
働き方改革委員会の開催など

お取引先様との対話

お取引先様との対話
パートナーズミーティングなど

社会・地域の皆様との対話

  • 社会・地域の皆様との対話
    工場見学受け入れなど
  • 社会・地域の皆様との対話
    出張授業など
  • コロナ禍のため、現在はオンラインコミュニケーションを行っています。